旅行好きにおすすめの日本の地ビール10選

Pocket はてブ

近年日本でも大ブームとなっているクラフトビール。小規模生産でこだわり&個性が強い地ビールは、大手ビールとはまた違う風味を持つだけでなく、各銘柄に明確な個性があり、多様な味わいを楽しめることが魅力です。

今回の記事は、旅行好きにおすすめの日本の地ビールを10選にまとめてみました。

 

銀河高原ビール 小麦のビール

クローブやバナナを思わせる、フルーティで華やかな香りが魅力の銀河高原ビール。南ドイツ伝統の「ヴァイツェン」という種類のレシピを日本風にアレンジした商品で、泡持ちがよく味わいがまろやか。値段も安くおすすめです。

 

スワンレイク クラフトビール

地元新潟県産コシヒカリを使った、下面発酵ビールです。越後名水、良質な素材にこだわり、どこまでも高品質を追求した商品で、数々の国際的なビールコンテストにおいて金・銀・銅合わせて119個のメダルを獲得しています。お酒が苦手な人でも飲める、驚きのおいしさです!

 

キャプテンクロウ・エクストラペールエール

通常の倍以上のホップを使用して造られた、キャプテンクロウ。すっきりした味わいの中に爽やかな苦みがあり、非常にバランスの良い1本です。今までにないホップの苦みとアロマに、すっかり虜になってしまう人多数!

 

常陸野ネスト ホワイトエール

コリアンダー、オレンジピール等のスパイスを加えた、ベルギー伝統の小麦ビールです。ハーブの個性的な香りと小麦の酸味のバランスが絶妙なホワイトエールで、2002年に英国で行われた「The Brewing Industry International Awards」では金メダル及び部門総合チャンピオンに輝きました。

 

クラフトビール ヤッホーブルーイング よなよなエール ペールエール

長野県軽井沢町のヤッホーブルーイングが造るペールエールです。艶やかな琥珀色、最高級アロマホップが織りなす柑橘類を思わせる華やかでふくよかな香り、そしてほんのり甘さを感じるコクとやわらかな苦味が魅力のビールです。

 

サンクトガーレン 金賞地ビール 3種

サンクトガーレンは、神奈川県厚木市にあるブルワリーの名門で、数々の賞を受賞する人気の地ビールメーカーです。アメリカンスタイルのレギュラービールをはじめ、フルーツを使った湘南ゴールドやバニラ、黒糖を使用したデザートビールなどを製造しています。

 

TOKYO CRAFT (東京クラフト) ペールエール

東京から発信されるサントリーのクラフトビール、TOKYO CRAFT。こちらのペールエールは、柑橘系を思わせる爽やかな飲み口とすっきりした後味が特徴です。

 

京都麦酒 ペールエール

京都麦酒は、1995年に京都で初めての地ビールメーカーとして誕生しました。淡い黄金色をしたペールエールは、華やかな香りとさっぱりとした飲み口が魅力です。

 

グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)

国産麦芽や国産ホップを一部使用したグランドキリン JPL。国産麦芽由来の豊かで香ばしい味わいと余韻が楽しめます。国産ホップを一部使用したフローラルな香りが魅力です。

 

常陸野ネスト ニッポニア

木内酒造が手がける「常陸野ネストビール」は、世界で最も売れている日本のクラフトビールとして人気です。こちらのニッポニアは、柑橘系フレーバー、黄金色の輝き、深い味わいが特徴で、海外にもファンが多いです。

 

ますます白熱!日本地ビール合戦!

いかがでしたか?近年うなぎのぼりに人気が上昇している地ビール。日本にも各地に醸造所があり、それぞれ特色のあるおいしい地ビールを製造しています。

日本人のクラフトマンシップによって生み出された地ビールは、国際的にも評価が高いものばかり。今回ご紹介した商品はどれもおすすめですので、いろいろ試してお気に入りのものを見つけてくださいね!

Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

お酒

FEATURED特集

特集一覧へ