ローザンヌのおすすめ観光スポット21選

Pocket はてブ

ローザンヌはスイスを代表する文化都市として知られ、ローザンヌ国際バレエコンクールや、エリゼ写真美術館など20ヶ所以上の文化スポットがある街です。さらには世界的な大学、研究所などもあるので要チェックだと思います。

今回はそんなスイスのローザンヌにある、おすすめの観光スポットを21選にまとめてご紹介します。

*編集部追記
2017年9月公開の記事に、新たに5ヶ所を追加しました。(2017/10/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。
 

ローザンヌに行ってみての感想

Photo by pixta

私がローザンヌを訪れたのは冬で、クリスマスも近いことから街はきれいに装飾されており、とてもロマンチックでした。文化都市として知られるローザンヌには、ヨーロッパの中でも有名なアートアカデミーがあります。

私はスイス人の友達に連れて行ってもらったのですが、ローザンヌはいいところだよと勧められることが多かったので、とても楽しみでした。実際、街の北側にはレマン湖があるため眺めが非常に美しく、有名なローザンヌ大聖堂やウシー城など、クラシックなヨーロッパらしい建物もさらにその魅力を引き立てていました。

ローザンヌは落ち着いた街なので、ゆっくり観光するのにおすすめの場所です。魅力的なアートスポットやおしゃれなカフェ・レストランも多いので、スイスに行ったならぜひ一度足を運んでみてください。
 

観光する際のアドバイス

Photo by pixta

これはローザンヌだけでなくスイス全体に言えることですが、治安は良いので安心して街歩きできます。しかしながらスリやひったくりなどの軽犯罪は発生しているので、気を緩めすぎないように!

物価は想像通り高いです。スイスは人件費が高いため、レストランの値段も高く、日本の2倍以上はすると考えてもらって良いでしょう。節約したいなら自炊するのがおすすめです。

衛生面は問題なく、水道水も飲めます。街もきれいなので、この点については心配ないでしょう。
 

おすすめのベストスポット

Effy Yinさん(@effie_yyyyy)がシェアした投稿 – 2017 10月 11 4:03午前 PDT

私がおすすめするベストスポットは、ローザンヌ大聖堂です。ローザンヌ旧市街の丘の上に建つ大聖堂は、正式名称を「聖母マリア大聖堂」といいます。ゴシック様式の荘厳な建物は、スイスで最も美しい大聖堂と言えるでしょう。

夜にライトアップされた姿も美しいので、昼・夜のどちらも訪れてみるのをおすすめします。
 

ローザンヌとは

photo by shutterstock

ローザンヌは人口13万ほどの都市で、スイスでは5番目に大きな街として知られています。ここにはスイスの最高裁判所が置かれていたり、IOCの本部があったりとスイスの首都的役割も一部担っている所です。

ローザンヌはレマン湖の北に位置している事から、街のどんな所でも広く美しいレマン湖を見る事ができます。そのため古くはローマ人がこの地に野営地(Lousonna)をいくつか建てたようですが、これが街の名前の元になっています。

ちなみに、ここではぶどう酒の取引が盛んに行われているようですよ。

■詳細情報
・名称:ローザンヌ
・所在: Lausanne, Switzerland
・成田からのアクセス:成田からヨーロッパ各都市→ジュネーブ国際空港(GVA)→鉄道でローザンヌに到着。
・公式サイトURL:http://www.lausanne.ch/fr/

 

1.オリンピック・ミュージアム


スイスのローザンヌにあるオリンピックミュージアムは世界で唯一、ここだけのオリンピック博物館です。古代オリンピックの様子を語るギリシアの遺物や、近代オリンピックの多数のコレクションを展示、収蔵している観光スポットです。

■詳細情報
・名称:オリンピックミュージアム
・住所:Quai d’Ouchy 1, 1006 Lausanne, スイス
・営業時間:9時00分~18時00分
・電話番号:+41 21 621 65 11
・公式サイトURL:https://www.olympic.org/museum

 

2.ローザンヌ大聖堂

ローザンヌ大聖堂はスイスのゴシック建築の傑作と知られている建物。内部には薔薇窓と呼ばれている直径9メートルの大きなステンドグラスがあります。また、鐘楼から眺めるローザンヌの街やモンブランアルプス、レマン湖を楽しめるようです。

■詳細情報
・名称:ローザンヌ大聖堂(ノートルダム大聖堂)
・住所:Place de la Cathédrale, 1005 Lausanne, スイス
・電話番号:+41 21 316 71 60
・公式サイトURL:http://www.cathedrale-lausanne.ch/monuments-et-sites/

 

3.アール・ブリュット・コレクション

Rikke Raskさん(@rixraax)がシェアした投稿 – 2017 6月 27 2:57午後 PDT

アウトサイダーたちの新しい文化芸術として広く知られている「アール・ブリュット」。ここのコレクションは1,000人の作家による63,000点以上の作品が収蔵してあり、その可能性や豊かさ、そして凄みなどを感じる事ができます。

■詳細情報
・名称:アールブリュット コレクション
・住所:Avenue Bergières 11, 1004 Lausanne, スイス
・営業時間:11時00分~18時00分
・定休日:月曜
・電話番号:+41 21 315 25 70
・公式サイトURL:https://www.artbrut.ch/

 

4.ウシー城

レマン湖畔に聳えるウシー城はホテルです。最初は12世紀に塔として建設され19世紀に改築されたもので、素晴らしい景色を見ながらフランス料理を味わう事ができます。また、ウシー城周辺は散歩にもオススメだそうです。

■詳細情報
・名称:ウシー城(Le Château d’Ouch)
・住所:Place du Port, 1006 Lausanne, スイス
・電話番号:+41 21 331 32 32
・公式サイトURL:http://www.chateaudouchy.ch/fr/index.php

 

5.MUDAC

photo by shutterstock

MUDACはちょっと変わった建物が評判の美術館。ここは近代アート作品を中心にした展示内容になっており、関心のある方には特におすすめのスポットです。大聖堂にも近いので訪問しやすいと思います。

■詳細情報
・名称: MUDAC (Museum of Contemporary Design and Applied Arts)
・住所:Place de la Cathédrale 6, 1005 Lausanne, スイス
・営業時間:11時00分~18時00分
・定休日:月曜
・電話番号:+41 21 315 25 30
・公式サイトURL:http://mudac.ch/

 

6.レマン湖

photo by shutterstock

ローザンヌは斜面にある街で坂が非常に多いため、湖の眺めは抜群ですが、滞在したり散歩するならレマン湖畔の静かなウシーエリアがオススメ。

四つ星の最高級クラスのホテルや、珍しい古城のホテルがあり、カフェではレマン湖畔で観光客ものんびりと時を過ごせるようです。

■詳細情報
・名称:レマン湖
・所在:Lausanne, Switzerland

 

7.モン・ルポ公園

モン・ルポ公園はローザンヌの街の中心部にある公園です。珍しいオウムの鳥小屋やネオゴシック様式の塔、イングリッシュガーデンなどがあります。

■詳細情報
・名称:モン・ルポ公園
・住所:Avenue de Mon-Repos 1005 Lausanne
・公式サイトURL:http://www.lausanne.ch

 

8.ローザンヌ植物園

ローザンヌが属するヴォー州の植物を保存するために設立した州立の植物園。アルプス山脈などからの岩石を取り入れた植生を再現したり、高山や水辺の植物など6,000種ほどを栽培しているようです。美しい花々もローザンヌ植物園で楽しめます。

■詳細情報
・名称:ローザンヌ植物園
・住所:Avenue de Cour 14bis, 1007 Lausanne, スイス
・営業時間:10時00分~18時30分
・電話番号:+41 21 316 99 88
・公式サイトURL:http://www.botanique.vd.ch/musee-et-jardins-botaniques-cantonaux/
1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

西ヨーロッパ(西欧)のおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ