マレーシアを味わい尽くせる観光スポット12選

Pocket はてブ

マレー系はもちろん、華人系やインド系など多種多様な民族が住み、それぞれの文化が上手く調和し合って成り立っている国、マレーシア。そんな国だからこそ、観光スポットも多様性に富んでいて旅人を飽きさせません。

スラマッダタン!(ようこそ!)と温かく旅人を迎えてくれるマレーシアに、あなたも出掛けてみられませんか?

*編集部追記
2015年12月に公開された記事に、新たに3スポットを追加しました(2017/11/30)
2017年11月に更新された記事に、新たに5スポットを追加しました(2018/1/31)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

マレーシアに行ってみての感想

photo by pixabay

私がマレーシアを訪れたのは2017年の7月はじめで、ベトナムから日本に帰るまでの経由地として数泊宿泊しました。あのエアアジアが生まれた国として有名なマレーシア!クアラルンプールからは、日本やその他アジアへ飛ぶ安い飛行機が数多く発着しているため、ここを経由地として利用すると非常に便利です。

全体の感想としては、マレーシアは多民族国家であり、様々な民族が住んでいるので、日本のような単一国家に生まれた私にはなかなか新鮮でした。マレー系、中華系、インド系など、民族の幅が広い分、いろいろなグルメを楽しめるのも良かったです。

現地の人も親切で、旅をするのに特に不便は感じませんでした。移動は基本的に「Grab」という配車アプリを利用したのですが、値段も安く全てオンライン決済で完結するので非常にスムーズでした。

ただし、突然スコールなどの大雨に見舞われることもあったので、街歩きがしやすいとは言えないかなと感じたのが正直な感想です。

 

おすすめのベストスポット

ペトロナスツインタワー

Yuさん(@takeeeeii)がシェアした投稿

このペトロナスツインタワーは、大きく成長を遂げたマレーシアの経済を象徴しているかのような、高さ452m、88階建てのツインビルです。日本と韓国の会社によって建造され、なんとわずか29カ月で完成したそう!

イスラム国家であるマレーシアらしく、先端がモスクの尖塔のような形となっています。クアラルンプールを代表する観光スポットであり、近くで見ると圧倒されるような迫力がありますので、ぜひ訪れてみてくださいね♪

 

アドベンチャーが待っている!『ボルネオ島』


ボルネオ島はマレーシアとインドネシア、またブルネイ王国の3カ国によって分割されている島です。

北部に位置するマレーシア領であるサバ州は、ビーチリゾートありジャングル・ツアーありのアドベンチャーを満喫できちゃう場所として知られています。ボルネオに住む先住民族の文化に触れてみるのも素敵ですね!

■詳細情報
・名称:ボルネオ島
・アクセス:クアラルンプールから飛行機で約2時間半。
・公式サイトURL:http://www.malaysia-borneo.com/

 

ロケットみたい?!クアラルンプールの『ペトロナスツインタワー』


クアラルンプールにある超高層ビル、ペトロナスツインタワー。452m88階建てのタワーには、テナントや企業がぎっしり入っており、ショッピングや食事を楽しむことができます。

伊勢丹や紀伊国屋も入ってますよ!ちなみに高層階まで登りたい方は、チケットを購入しなければなりません。

■詳細情報
・名称:ペトロナスツインタワー
・住所:Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, Malaysia
・アクセス:ラピドKLクラナ・ジャヤ線KLCC駅直結
・営業時間:9:00~21:00
・定休日:月曜日
・電話番号:60323318080″
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://www.petronastwintowers.com.my/(英語のみ)

 

黄金の大魔神?マレーシア唯一のヒンドゥー教の洞窟『バトゥ洞窟』


クアラルンプールからほど近いバトゥ・ケーブの町にあるこちらの洞窟は、ヒンドゥー教の聖地洞窟として知られています。

神秘的な鍾乳洞の中にヒンドゥーの神々が祀られており、信者でなくとも神聖な気分に浸れることでしょう。ですが、洞窟に入るには272段の階段を登らなくてはなりません…。

■詳細情報
・名称:バトゥ洞窟
・住所:Sri Subramaniam Temple, Batu Caves 68100,Malaysia
・アクセス:マレー鉄道KTMコミューター、バトゥ・ケーブ駅下車
・営業時間:8:00~19:00
・電話番号:60 3 2287 942
・公式サイトURL:http://www.tourism.gov.my/en/my/places/states-of-malaysia/selangor/batu-caves#_=_

 

ダイビング天国『シパダン』で竜宮城を探そう!


シパダンと聞いて、「あ~、海潜りたい!」と思う方はきっとダイビング経験者でしょう。

それぐらいダイバーにとっては超有名スポットであるシパダンですが、潜らない方でも水上コテージに泊まって海を眺めるだけで極上の休日が楽しめるはずですよ。

■詳細情報
・名称:シパダン島
・アクセス:ボルネオ島コタキナバルから飛行機でタウワに入り、スピードボート移動可。または、タウワからセントポルナまで車で1時間半移動し、セントポルナからスピードボートで約1時間。

 

美しいモスクを眺めたいなら『スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャー・モスク』

『ブルーモスク」とも呼ばれ、その名の通り青と白のコントラストが美しいモスクです。マレーシアでは最大のモスクで、世界でも4番目に大きいモスクです。

拝観する時にローブを貸してもらえますが、あまりラフすぎたり肌を露出し過ぎた服装は控えたほうがよさそうです。

■詳細情報
・名称:スルタン・サラフディン・アブドゥル・アジズ・シャーモスク
・住所:Persiaran Masjid,Shah Alam 40000,Malaysia
・アクセス:KTMコミューター利用、シャーアラム駅下車。駅からタクシー利用。

 

世界遺産の古都『マラッカ』で古き良きマレーシアを堪能する


ヨーロッパの植民地時代の面影を残す古都マラッカでは、ノスタルジックなマレーシアを体験できます。オランダ広場にある赤い教会など、欧風建築物も多く残されており情緒豊かな街並みに目を奪われるでしょう。

お腹が空いたら、マラッカの中華街で美味しい屋台ご飯に舌鼓を打ちたいですね!

■詳細情報
・名称:マラッカ
・アクセス:クアラルンプールから長距離バスかタクシーで移動可。
・公式サイトURL:http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/malacca/

 

ジョージタウン

17191267210_bff44c0571_z

photo by Will Anderson Photographs

2008年7月にマラッカとともにユネスコ世界文化遺産として登録されたジョージタウン。 イギリスの植民地時代に最初に築いた街がジョージダウンです。

各地から多くの商人が訪れ、マレー人、 中国人、インド人など多民族が住んでいます。 それぞれの文化や食だけでなくヒンドゥー教、仏教、キリスト教などそれぞれ寺院や教会もあり、 とてもおもしろい場所です。

おしゃれなカフェや雑貨のお店もあるので、ぜひ散策してみましょう。写真を撮るのに適したスポットも多いので、じっくり時間をかけて周りたいところですね。

■詳細情報
・名称:ジョージタウン
・住所:North-East Penang Island, Penang, Malaysia
・アクセス:飛行機では約1〜1時間半。鉄道でマレー鉄道でKLセントラル駅からバタワースまで約7時間。
・公式サイトURL:http://www.tourismmalaysia.or.jp/region/penang/heritage.html
1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

マレーシアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ