ニューカレドニアのラグーン

南国の楽園として有名なオセアニアの島々にある世界遺産8選

ニューカレドニアのラグーン
Pocket はてブ

TABIPPO.netでは、各国の世界遺産と観光名所を紹介しています。2015年時点で世界遺産の登録件数は1007件(161カ国)になりましたが、特に有名な場所以外はまだまだ知られていない場所もあります。

今回はオセアニア地域にある世界遺産8ヶ所を紹介します。キリバス、ソロモン諸島、ニューカレドニア、バヌアツ、パプアニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル諸島など、南国の楽園として知られている場所が多いですが、世界遺産の知識があるとより旅行を楽しめるので、ぜひご覧ください。

 

フェニックス諸島保護区 / キリバス

太平洋に浮かぶキリバスのフェニックス諸島。8つの島と2つの珊瑚礁が保護区として指定されています。世界最大の指定海洋保護区であり、14の海底山脈や深海生息域が含まれています。

カントン島を除く全てが無人島で、多数の動植物が観測されており、自然と生態系が手付かずのままに残されているところにその魅力があります。

フェニックス諸島保護区

photo by Anderson Smith2010

 

東レンネル / ソロモン諸島

ソロモン諸島の南端に位置するレンネル島。環状珊瑚礁の隆起によってできた世界最大の珊瑚島です。手付かずの自然の美しさと希少な地質が評価され、島の東半分が世界自然遺産に指定されました。

レンネルオオコウモリやシマウミヘビを代表とする固有種や希少種の動植物が豊富で、島には1000人ほどの住人がそれらと共存しています。

東レンネル

photo by ryanphotographic

 

ニューカレドニアのラグーン:リーフの多様性とその生態系 / ニューカレドニア

世界第二位の長さを誇るサンゴ礁と世界最大規模のラグーンには、絶滅危惧種のジュゴンなどを含め、250種類の珊瑚と1600種類にも及ぶ魚類が生息し、アオウミガメの営巣地ともなっています。

多くの固有種も生息しており、この壮大で美しい自然環境と生態系が評価され、2008年に世界自然遺産に登録されました。

ニューカレドニアのラグーン

photo by shutterstock

ニューカレドニアのラグーン

 

 

首長ロイ・マタの地 / バヌアツ

1600年頃に諸部族間の紛争を沈め、平和をもたらしたといわれる首長ロイ・マタ。エファテ島にある彼の住居と、死んだ場所とされているレレパ島のフェルス洞窟、アルトク島にある埋葬の地の三箇所が2008年に世界文化遺産として登録されました。口承によって伝えられてきたロイ・マタの物語と考古学的な知見が一致することからその価値が認められています。

首長ロイ・マタの地

photo by Phillip Capper

 

クックの初期農耕遺跡 / パプアニューギニア

発掘調査によって、7千年から1万年前にかけてこの一帯で耕作が行われていたことが証明されました。約6500年前、既に植物が栽培されていたことや、土壌改良をして農業をしていたことが発掘された植物化石などからわかっています。

タロイモなどを加工していたと思われる石器類も出土しており、文化的証拠を成すものとして2008年に世界文化遺産に登録されました。※遺跡は発掘調査が行われた後、埋め戻されており、現在は村人によって通常の畑として利用されている

クックの初期農耕遺跡

photo by peoplefoodandnature

 

南ラグーンのロックアイランド群 / パラオ

パラオのコロール島からペリリュー島の間に点在する摩訶不思議な形をした島々。これらはサンゴ礁が海に侵食されたことで出来上がった丸みを帯びた独特な形をしており、美しいエメラルドブルーをしたラグーンの中に青々とした木々が生える可愛らしい島が点在しています。

人類の足跡が残る考古遺跡も持ち合わせるロックアイランドは、2012年に複合遺産として世界遺産に登録されました。

南ラグーンのロックアイランド群

photo by Tetsuji Sakakibara

南ラグーンのロックアイランド群

photo by LuxTonnerre

南ラグーンのロックアイランド群

photo by LuxTonnerre

 

レブカ歴史的港湾都市 / フィジー

この歴史地区は、ヴィトガ村の遺跡を残す1820年代から1850年まで、ヨーロッパの入植者が増えたことがわかるキリスト教関連の建築物が残る1850年から1874年、イギリスの保護領となった1874年から1882年、首都でなくなった1882年から1930年代の四期に分けられます。

オセアニアとヨーロッパの殖民都市の歴史、文化交流を示すものとして2013年に世界文化遺産に登録されました。

レブカ歴史的港湾都市

photo by optimistdiveandsail

 

ビキニ環礁の核実験場跡 / マーシャル諸島

1946年から1958年の間に、アメリカ合衆国によって計23回もの核実験が行われた場所です。中でも、最初に行われたクロスロード作戦や、キャッスル作戦と呼ばれる核実験が知られています。

元々住んでいた島民達は放射能の被爆を避けるために強制的に移住させられ、今も島に戻れないままとなっています。2010年に世界文化遺産に登録されました。

ビキニ環礁の核実験場跡

photo by wikipedia

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はオーストラリア、ニュージーランドを除くオセアニアの世界遺産をご紹介しました。今年の夏はオセアニアにぜひ旅行してみてはいかがでしょうか。それでは、次の記事でお会いしましょう。

 

Pocket はてブ

Writer

TABIPPOのるいす、日本人です
TABIPPO.NET編集長。旅と宇宙と人工知能が好き。大学在籍中に交換留学でNYへ渡り、そのまま世界一周へ出発。旅先で出会った仲間と世界一周団体TABIPPOを立ち上げ、株式会社オプト勤務を経て団体を法人化。直後に、ダンスユニットと世界中からダンス映像を配信する、世界二周目の旅へ。関西弁の苦手な大阪人です。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

オセアニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧