マニャガハ島

サイパンのオススメ観光スポット30選

マニャガハ島
Pocket はてブ

自然の宝庫として、そして日本から一番近いアメリカとしても知られるサイパンは、実は日本と深く関係する歴史を持っています。

自然が豊かなリゾート地でありながらも、悲惨な歴史を持つサイパン。私たち日本人が、ただ観光に行くだけではなく、色々と学ぶことができる場所です。

今回は、そんな様々な魅力を持つサイパンへ旅行に行った際、必ず訪れたい観光スポット30ヶ所を厳選してまとめてみました。

 

1.ウイングビーチ

Asamiさん(@elululu0625)が投稿した写真 – 2015 11月 29 7:22午前 PST

サイパン最北端のビーチで、透明度が高く、ダイビングスポットとしても有名です。

岩場に囲まれているため、シュノーケリングをすればかわいい魚たちに出会えるそう。サイパンを訪れた際は、絶対に外せないスポットです。

■詳細情報
・名称:ウイングビーチ
・住所:Wing Beach, Saipan
・アクセス:マリアナ・リゾート&スパの少し北にある
・マップ:

 

2.ガジュマル大樹

ガジュマル大樹

photo by pixta

サイパンの観光名所の一つで、精霊の宿る樹、多幸の樹と呼ばれています。

パワースポットとしても有名で、大樹の前で写真を撮ると一生神様が守ってくれると言われています。

■詳細情報
・名称:ガジュマル大樹
・住所:Managaha Island ,Northern Mariana Islands (マニャガハ島)
・アクセス:ガラパンから高速ボートで10分/ガラパンから大型船で15分
・マップ:
・入島時間:9:00~17:00
・料金:入島税(5米ドル)
・所要時間:1時間~2時間

 

3.マイクロビーチ

マイクロビーチ
photo by pixta

ガラパンのホテルの前に広がるサイパンを代表するビーチで、なんと朝~晩までに7回も色が変わるそう。

穏やかで波がなく、バナナボートやウエイクボードなどのマリンスポーツも存分に楽しめます。

■詳細情報
・名称:マイクロビーチ
・住所:Micro Beach Road, Garapan, Saipan 96950
・アクセス:ガラパン中心部から徒歩5分
・マップ:

 

4.ラウラウビーチ

ラウラウビーチ
photo by pixta

サイパンの東側にある「ラウラウビーチ」は、体験ダイバーから上級者まで楽しめるポイントです。サンゴ、砂地、岩場とバリエーション豊富な地形のため、非常に多くの生き物が生息しています。

■詳細情報
・名称:ラウラウビーチ
・住所:Mariana Islands Laulau Beach
・アクセス:ガラパン地区より車で25分
・マップ:

 

5.サイパン熱帯植物園

サイパン熱帯植物園

photo by shutterstock

南国特有の植物や果実などを育てている植物園で、敷地の半分は自然保護地域となっています。日本の植物園とは比べ物にならないほど広く、様々な植物が咲き乱れるトロピカルな空間です。

■詳細情報
・名称:サイパン熱帯植物園
・住所:Saipan Botanical Garden, Papago, Northern Mariana Islands
・アクセス:ガラパンから車で30分
・マップ:
・開館時間:9:30~16:00
・定休日:火曜日
・電話番号:670-2567780
・料金:大人15ドル/小人10ドル
・所要時間:1時間~2時間
・公式サイトURL:http://saipan-botanical.jimdo.com

 

6.ガラパン教会

ガラパン教会
photo by pixta

元々は18世紀のスペイン統治時代に建てられたものですが、太平洋戦争時に一旦破壊されてしまいました。現在は見事に改装され、洗練されたデザインの教会となっています。

■詳細情報
・名称:ガラパン教会
・住所:Garapan Saipan, Northern Mariana Islands
・アクセス:ガラパン中心部から徒歩で約10分
・マップ:
・開館時間:6:00~18:00
・電話番号: 670-233-2700
・料金:見学は自由
   ※平日でも現地の方のお葬式や結婚式、洗礼式などが行われている場合があります。このような場合は、入場を控えてください
・公式サイトURL:http://saipan-botanical.jimdo.com

 

7.オブジャンビーチ

オブジャンビーチ
photo by pixta

島の南端に位置しており、ダイビングのビーチエントリーのポイントとして有名です。南国らしい雰囲気を持つビーチで、浅い海ですが、カラフルな魚が沢山見られます。

■詳細情報
・名称:オブジャンビーチ
・住所:Obyan Beach, Saipan
・アクセス:サイパン国際空港(Saipan International Airport)そば
・マップ:

 

8.ガラパン・ストリート・マーケット

毎週木曜日の夜に開催されるストリートマーケットで、雑貨や洋服などはもちろん、その他おいしい料理も楽しめます。

マーケットには小さなステージもあり、ポリネシアンダンスやローカルダンスのショーが見られることもあるそうです。

■詳細情報
・名称:ガラパン・ストリート・マーケット
・住所:Garapan, Mariana Islands
・アクセス:ガラパン地区の繁華街から徒歩10分ほど
・マップ:
・営業時間:毎週木曜日の17:00頃~21:30頃まで開催されている

 

9.バナデロ(旧ラスト・コマンド・ポスト)

バナデロ
photo by pixta

太平洋戦争時、日本軍が最後に司令部を置いた場所で、太平洋戦争の悲惨さを語る戦跡地として知られています。高射砲や戦車が当時のまま残っており、戦没者のための慰霊碑や塔が多く建立されています。

■詳細情報
・名称:バナデロ(旧ラスト・コマンド・ポスト)
・住所:As Matuis Drive, 96950 , Mariana Islands
・アクセス:ウイングビーチから車で約5分
・マップ:
・所要時間:30分未満

 

10.マニャガハ島

マニャガハ島
photo by pixta

美しい自然が残された、国立公園に指定されている無人島で、古くから聖地として知られていました。

抜群の透明度を誇るマニャガハ島の海で、シュノーケリングやマリンスポーツを思いっきり楽しみましょう!

■詳細情報
・名称:マニャガハ島
・住所:Managaha Island ,Northern Mariana Islands
・アクセス:ガラパンから高速ボートで10分/ガラパンから大型船で15分
・マップ:
・入島時間:9:00~17:00
・料金:入島税(5米ドル)
・所要時間:3〜5時間

 

11.禁断の島

禁断の島
photo by pixta

マリアナ政府によって海洋保護区に指定されている「禁断の島」。民間人の立ち入りは許可されていませんが、ツアーを利用すれば訪れることができます。

島の洞窟には天然プールもあり、まさにサイパンの豊かな自然を肌で感じられる場所となっています。

■詳細情報
・名称:禁断の島
・住所:Forbidden Island Saipan
・アクセス:サイパン国際空港から車で10分
・マップ:

 

12.プンタン・サバネタ(旧バンザイ・クリフ)

プンタン・サバネタ
photo by pixta

サイパン島陥落時、日本人の婦女子や老人たちが「万歳」を叫んで次々に断崖から海に身を投げて自殺したことから名付けられた「旧バンザイ・クリフ」。

現在は「プンタン・サバネタ」と呼ばれており、崖から道を隔てた山側には、多くの慰霊碑が建てられています。

■詳細情報
・名称:プンタン・サバネタ(旧バンザイ・クリフ)
・住所:Banzai Cliff ,Saipan
・アクセス:ガラパン中心部から車で20分
・マップ:

 

13.サブマリンツアー

サブマリンツアー
photo by pixta

海底に沈む沈没船や、美しいサンゴ礁などが楽しめる「サブマリンツアー」。潜水艦に乗る機会はあまり多くないので、特別な気分を味わえること間違い無し!

海の中には、地上とは一味違った幻想的な世界が広がっています。

■詳細情報
・名称:サブマリンツアー
・住所:Seaplane Ramp Pl, Tanapag, Saipan, Northern Mariana Islands, Micronesia
・マップ:
・営業時間:9:30~11:30
・電話番号:670-3227746
・料金:平均予算は10.000円~
・所要時間:2時間前後

 

14.ラデラン・バナデロ(スーサイド・クリフ)

Carmen Jiangさん(@carmen_jh)が投稿した写真 – 2016 8月 22 7:43午前 PDT

サイパン島の北端にある風光明媚な断崖絶壁ですが、太平洋戦争のサイパン戦で多くの民間人が身を投げた悲劇の場としても知られています。

現在は、慰霊のための観音像が建てられ「平和記念公園」となっています。

■詳細情報
・名称:ラデラン・バナデロ(スーサイド・クリフ)
・住所:Rte 322, Capitol Hill, Saipan 96950 北マリアナ諸島
・アクセス:ガラパン中心部から車で25分
・マップ:
・電話番号:+1 678-901-5531

 

15.グロット

グロット
photo by pixta

神秘的な光景が眺められると、ダイバーたちに人気の「グロット」。

世界的に有名な大きな洞窟のダイビングポイントで、外洋から差し込む光が洞窟内の海水面に反射し、全てが青色に染まります。その美しさは、まさに自然が作り出した奇跡と言っても良いでしょう。

■詳細情報
・名称:グロット
・住所:Grotto Drive, Saipan 96950
・アクセス:ガラパン地区からミドル・ロードを北へ車で25分
・マップ:
・営業時間:2時間~3時間
・オススメの時期:4月~11月

 

16.パウパウビーチ

パウパウビーチ
photo by pixta

水深が浅く透明度が高いビーチで、シュノーケリングなどを楽しむのにもってこいの場所です。バーベキュー施設や駐車場も整備されており、土日は特に観光客や地元民で賑わいます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

アメリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧