メキシコ旅行で見逃せない!古代都市「テオティワカン遺跡」

Pocket はてブ

皆さんは、メキシコにあるテオティワカン遺跡をご存知ですか?世界三大ピラミッドの1つがあるテオティワカン遺跡は、紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、テオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市の遺跡です。

人間が造りあげたとは思えないほど壮大な遺跡で、常に訪れる人の心を魅了し続けています。今回は、そんなテオティワカン遺跡について詳しく紹介していきます。

 

テオティワカン遺跡とは?

テオティワカンとは?

テオティカワンはメキシコの首都・メキシコシティから北東約50キロの地点にある遺跡です。紀元前2世紀ごろ造られたもので、太陽のピラミッドと月のピラミッドという2つの巨大ピラミッドが有名な場所です。

「神々の都市」と謳われるテオティワカン。特に太陽のピラミッドは、世界で3番目に大きいと言われている、テオティワカン観光の目玉です。あまりの巨大さに、思わず言葉を失ってしまうほど。

繁栄当時のテオティワカンは、なんと20万人を越す人口がいたと推定されており、遺跡をほぼ南北に貫くように「死者の大通り」と呼ばれるメインストリートが造られています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

yamboro
yamboro
オランダのアートアカデミーでイラストとグラフィックデザインを勉強中。現在は休学して、旅をしながらノマド的生活を送っている。マイナーな国に行くのが好き。現在中央アジアを放浪中。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

メキシコのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ