【完全保存版】世界一周経験者が教える海外旅行先で節約できるトラベルハック術23選

提供 : Airbnb
Pocket はてブ

海外旅行は、安い買い物ではありません。年に数回休みの期間に行けるかどうかだと思いますが、その際に多くの人が気にするのは、旅先での費用をいかに抑えることができるか。ではないでしょうか。特に世界一周や長期旅行などに行かれる人などは、より顕著だと思います。
そこで今日は、7ヶ月間60万円で世界一周した著者がおすすめする海外旅行先で節約できるトラベルハック術23選をご紹介いたします。

 

1.クリスマスの日に飛行機に乗ろう

クリスマスの家族

photo by shutterstock

特にキリスト教の信仰国では、クリスマスの日は家族と家で過ごすことが多く、旅行に行く人は少ないです。ですので、そういった国ではクリスマスに飛行機に乗ると、通常の半額以上で乗れることも。特に長期旅行をする方で、もしクリスマスを跨ぐ方がいたらぜひ、利用してみてください。

 

2.旅行グッズは現地調達しよう

goods

photo by shutterstock

これはタイなどの東南アジアに行かれる方におすすめの方法なのですが、出発前に新しく洋服を買ったりバックを買ったりといろいろ買い揃えていくことが多いかと思います。しかし、タイなどにいけば日本で買うものの半額くらいで購入できるので、日本からはほとんど荷物を持っていかず、現地で調達してしまうことができちゃうんです。

3.飛行機で余分に水分やおやつをもらっておこう

長時間のフライトでは必ずと言っていいほど、軽食が出てきますよね。そこで頂くピーナッツやジュースなどは余分に積み込まれているので、少し多めにもらっておいて、旅行中にちょっとしたおやつなどに食べるといいでしょう。

4.現地調達のガイドブックに付いているクーポンを使おう

ガイドブック

photo by shutterstock

日本からガイドブックを購入して海外旅行に行く人が多いかと思いますが、実は観光地ともなればツーリズム・インフォメーションやホテル・飲食店などにその街のちょっとしたガイドブックがあります。これにはその街で使えるクーポンがたくさん載ってることもあるので、それを活用しよう。

現地の人の家に泊まろう

airbnb_charter

photo by Airbnb

最近、日本でも徐々に流行りつつある旅行のWEBサービス「Airbnb」。これを使えば、世界中の現地の人の家に宿泊することが可能です。個人で請け負っている家も多いので、価格など良心的なものが多いです。
また、例えば、スペインのトマト投げ祭りなど世界的にも有名なお祭りがあるシーズンでは世界中から人々が訪れるので普通のホテルに宿泊するとなると2倍〜5倍以上もの金額が要求されますが、Airbnbであれば基本的にはそういったシーズンでも価格は変わらないので、かなり格安で宿泊することが可能となります。
その上、例えばキリンのいる家やお城などホテルでは実現しにくいおしゃれでユニークな場所に宿泊することが可能です。

 

6.国際学生証を取得していこう

これは世界共通の証明書で、例えば美術館などでこの国際学生証を提示すると割引が適応することが多々あります。またこれは自分の身を証明するものになりますので、もしもという時のために学生さんは持っておいた方が良いです。

7.インド人には合掌をしよう

これはインド限定のとっておきの裏ワザなのですが、インドではしつこいくらいに勧誘されますし、ぼったくりな値段をふっかけてきます。そういうときにはぜひ相手に向かって合掌しながら「ダンニャワード(ありがとう)」と言ってみてください。あれだけひつこかったキャッチは笑顔で去っていきますし、値段交渉もこれを使うといとも簡単に「OK! OK!」と言ってくれます。

8.海外旅行保険には入る

空港でも出発前に入会できる海外旅行保険ですが、もちろん最初に多少のコストは掛かります。しかし、もしも海外で事故や怪我、盗難などに遭った際には、保険に入っててよかったと本気で思うことでしょう。

9.夜行バスや夜行列車で移動しよう

夜行列車

photo by shutterstock

夜行バスや寝台列車などは、旅人にとってはちょっとした憧れ。そんな夜行バスですが、実は宿泊代も浮きますし、上手くバスの中で寝られれば、次の日の朝から観光できるので、お金的にも時間的にも節約ができます。

10.お昼はフランスパンと生ハムを食べよう

フランスパンを持った少年

photo by shutterstock

スペインやフランスなどのヨーロッパではパンがめちゃくちゃ安いんです。フランスパンが1つで50円とか60円とか。さらにそれだけだとさすがに寂しいので、生ハムやチーズ(これまた100円とかでたっぷり買えてお買い得)を買って街中で食べ歩いたりすることでお金がかかるヨーロッパでは節約できます。小洒落たレストランに行く日もあればこうやって地元のスーパーで買ったものを食べるのも良いでしょう。

11.クレジットカードでキャッシングしよう

旅行中、現地の両替所で現地通貨に両替するという人も多いかと思います。しかし、それだとかなりの手数料が取られてしまいます。現在、ほとんどの国のATMでクレジットカードや国際キャッシュカードを使って現地通貨を降ろすことができます。
その中でも特にクレジットカードでキャッシングすることで手数料を最小限に抑えることができます。手数料の割合などはカード会社によってまちまちですが、一般的には国際キャッシュカードで引き出すよりも安いと言われています。

12.ゲストハウスに泊まって自炊をしよう

旅行中、たまには自炊をして、節約するのも良いかもしれません。そんなときにおすすめなのが、キッチンを宿泊者と共有で使えるゲストハウスやユースホステルに泊まるというもの。他の旅行者と交流しながらそれぞれで作ったものシェアしたりして、いろんな国の家庭料理を楽しむことができるのもそのメリットの1つ。

13.値段の交渉をしてみよう

フィッシュマーケット

photo by shutterstock

旅行の楽しみの一つでもあるお買い物。日本では値札の金額から値引くといった感覚はほとんどの人がないでしょう。しかし海外ではそれは一般的な国もあります。特にアジアや中南米、アフリカの途上国では値引きされるの前提での価格設定になっているので、気軽に値引き交渉をしてみよう。

14.現地の人が行く飲食店に行こう

観光地ともなれば、観光客向けのお店と地元民向けのお店が分かれていることがよくあります。
もちろん、観光客向けのお店には英語や時には日本語のメニューもあることもあるので安心なのですが、やはり通常価格より少し値段が高くなっていることが多いです。なので、そういうときはちょっとした冒険心とともに、中心地からは離れてみて地元の方が行くような食堂などに足を運んでみると実はめちゃくちゃ安く食べられることも多いものです。

15.LCCを使おう

飛行機

photo by shutterstock

最近、日本でも徐々に一般的になりつつありますが、いわゆる格安航空券と呼ばれるもので、通常のエアラインに比べて、サービスや機内設備などがない代わりに価格をグっとさげるのを実現した航空券。日本ではタイや香港などのアジアへ行くならエアアジア、オーストラリアなどへはジェットスターなどいくつかあります。

16.ユースホステル協会に入会しよう

世界中のユースホステル協会に加盟しているホステルに泊まる際に、この会員証を提示すれば、会員価格で宿泊することができます。例えばヨーロッパなどで、普通のホテルではなく、「旅行者同士の交流もホステルに泊まりたい!」という人も多いかと思います。そんな人は旅行に行く前にこのユースホステル協会の会員になっておくといいでしょう。

17.現地で友達を見つけよう

旅行中に、現地の方と仲良くなれたら運が良ければ家に泊めてくれたり、街を案内してくれたりと親切な対応を受けることができます。もちろん、そういう下心ではなく、きちんと相手のことやその国の文化などに触れ合うことに積極的になることも大事。

18.公共なバスを活用しよう

観光地では観光客向けバスと地元民向けのバスが分けられていることが多いです。もちろん観光バスの方が設備がよかったりと環境は良いのですが、より地元の人のことを知るという意味でも一度は地元民が乗るバスなどに乗ってみるのもいいでしょう。そして、きっと地元民プライスに驚くことでしょう。

19.ヒッチハイクをしよう

ヒッチハイクをしている女性

photo by shutterstock

旅上級者にはおすすめなのはヒッチハイクです。中々レベルが高いですが、ヒッチハイクが日常茶飯事的に行われている国、地域もある程世界では有名な移動手段なのです。 英語が話せないと中々車内での会話など苦痛が伴いますが、旅にも慣れてきて、ちょっと新しいことに挑戦をしたいと思ったら、もちろんより安全が担保されている地域でのみでぜひやってみてください。

20.充電やネット利用はマクドナルドもしくはスタバでしよう

世界中にあって安心感のあるお店がそう、マクドナルドとスターバックス・コーヒーです。両方とも大半の国にありますし、ここで充電をしたり、Wi-Fiも通っていることが多いので、インターネットの利用などをすることをおすすめします。
そうすることで、ネットカフェに行ってわざわざお金を払ってインターネットをする必要がなくなります。

21.ブログを書こう

せっかく、海外旅行に出かけてちょっと日常と違う体験をしているのだから、ブログなどで感じた想いや体験を綴ってみるといいでしょう。場合によっては多くの人に読まれてアフィリエイト広告などで収入を得ることもできます。

22.現地で働こう

work_woman

photo by shutterstock

これは特に長期旅行の人向けですが、旅行中にある国に滞在して、ちょっとしたバイトをしたり、一芸で街中でチップを募ったりして稼ぐ、なんて方法もあります。少し勇気がいりますが、旅だけでなく現地の労働環境にも触れることが出来て一生の思い出に残る経験になることでしょう。

23.シーズンを少し避けよう

もちろん、行き先によって旅行シーズンの時期とそうでない時期があります。ヨーロッパは夏がオンシーズンでその時期にたくさんのお祭が開催されているわけですが、少しそういったシーズンからずらしたタイミングで行くことで、宿泊代や交通費もかなり節約できます。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

篠原輝一
篠原輝一
趣味はサッカーとカレー巡り。
学生時代に210日間の世界一周後、TABIPPO2013ガイドブックの向こう側で代表を務める。その後、ITベンチャーのリッチメディアで約1年間勤務。2015年1月からTABIPPOのメンバーとして…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

インターネット・wifi

FEATURED特集

特集一覧へ