リオ・デ・ジャネイローブラジル
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

アフリカ大陸最高のサファリ地区まで、短距離フライトで行くこともできます。数日間サファリで過ごせば、自然のゾウやライオンを見ることができるでしょう。サファリで過ごす休日は、一生涯心に残る、素敵な思い出を作れるでしょう。

 

7.バンクーバー(カナダ)

バンクーバー(カナダ)

photo by shutterstock

アウトドアが好きなら、ぜひカナダのバンクーバーへ!ウィスラーでは、ワールドクラスのスキーを楽しめます。マリン派はボートで海へ繰り出して、ホエールウォッチングを楽しみましょう。また、マウンテンバイクでの散策や、街を囲む素晴らしい山を登るハイキングなど、大自然の中でゆっくりと、価値のある時間を過ごせるでしょう。

可能であれば、数か月間バンクーバーで過ごすことをお勧めします(カナダならワーホリという手もあります)。若いうちは、少し無理をして羽目を外してもリカバリが早いので、ぜひ30歳になる前に行くことをお勧めします。

 

8.ダブリン(アイルランド)

ダブリン(アイルランド)

photo by shutterstock

未だに街の独自の蒸留酒製造所で醸造している有名なギネスと同じくらいドライな気質を持つ、アイリッシュの古き良き”Craic”(アイルランドのスラングで「楽しいこと」を意味します)を求めてエメラルド島を越えてみましょう。

ここのバーはダブリンの象徴とされるビール、陽気な音楽、おそらく今まで会った中でもダントツでフレンドリーな人々でいっぱいです。ダブリンは生意気に何も気にせず週末を友人と過ごすのに最適です。

 

9.ローマ(イタリア)

ローマ(イタリア)

photo by shutterstock

ローマは、文化的または歴史的な認識の組み合わせによって、イタリアの美しさを最大限に享受できる街です。それと、忘れてはならないのは、世界一の食事!スクーターに飛び乗り街を素早く移動して、コロッセウム、バチカン、パンテオンを訪れ、旅の時間を楽しみましょう。

ディナーはピザ、パスタ、ティラミスそしてジェラートにふけながら永遠の都ローマで夜を過ごしてみるのもいいでしょう。毎日ピザを食べても影響のない新陳代射の良い若いときに行っておくのが賢明です。

 

10.リオ・デ・ジャネイロ(ブラジル)

リオ・デ・ジャネイローブラジル

photo by shutterstock

コパカバーナビーチやシュガーローフマウンテンから、上から見守るコルコバードのキリスト像まで、世界随一の観光地リオ。しかし本当のリオの象徴はなんでしょう?それは陽気な人々や街のリズム、音楽やダンスです。リオは寝ることを忘れて、日の出までパーティーをする街です。世界一の(色彩豊かな)フェスティバルと言われるカーニバルのシーズンに訪れることをおすすめします。

Licensed material used with permission by EF Education First Ltd. & all photo by shutterstock

 

英語を学ぶ旅へ出る

英語を学ぶ旅に出る_02

ただ、旅をするだけじゃ物足りない。現地に深く溶け込みたい。自分のやり方で語学力を身につけ、新しい文化を体験し、世界を発見したいと思ったことはありませんか。

学生時代に英語を学ぶ旅として留学を経験し、一生分の経験ができたので今回はその魅力と感じたことをまとめました。

「英語を学ぶ旅」をオススメする3つの理由

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング