その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

可愛すぎる!ピンク色の湖 ラックローズ(セネガル)

カップルでアフリカ旅行をと言えば、パリ~ダカール・ラリーのゴールとして知られるレトバ湖です。普通の海水の約10倍もの塩分濃度があるため、好塩微生物が増え、その微生物が出す特殊な赤い色素がこんなにも鮮やかなピンク色に染めています。

 

洞窟壁画で歴史を感じる、タッシリ・ナジェール(アルジェリア)

サハラ砂漠にある台地上の山脈です。300ほどある自然石のアーチは感動します。紀元前8500年ごろの新石器時代にもさかのぼるとされている牛の群や大型生物、人々の様子が描かれた岩絵群は必見です。

 

標高2,000mの旧都。ゴンダール(エチオピア)

Gondar

photo by Miriam Kraatz

1632~1769年エチオピアの首都だった場所で、3つの王宮群が残されています。標高2,000mにあるこの旧都は世界遺産にも登録されています。写真はファジル・ゲビ王宮のうちのファシラダス王の王宮です。シンプルですがなんと3階建てです。

 

 死海よりも塩分濃度が高い!アッサル湖(ジブチ共和国)

shutterstock_76320988

photo by shutterstock

塩湖と言えばヨルダンの死海を思い浮かべる人も多いと思います。実は世界で一番塩分濃度の高い塩湖はこのジブチ共和国のアッサル湖なんです。もちろんプカプカ浮くことができますよ。

 

星の王子さまで知られるバオバブの木がこんなに!?バオバブ街道(マダガスカル)

バオバブ

photo by Olivier Lejade

その印象的な形は一度見たら目に焼き付けられる独特な木、バオバブ。マダガスカル最西端にムルンダバという町にバオバブ街道はあります。夕焼けに赤く染まる街道も大変見応えがあります。中には触ると恋が叶うという「愛し合うバオバブ」もあるそうです。

 

秘境中の秘境!アフリカ

いかがでしたか?アフリカの絶景には、観光客をもなかなか寄せ付けない秘境中の秘境からのものがたくさんあります。写真を見るだけでも、こんな景色が世界に存在することに感動させられますね。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング