couchsurfingの目的はゲストとの交流
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

なぜ「couchsurfing」はタダで泊めてもらえるのでしょうか?

ホストの目的が、「宿泊費を稼ごう」ではなく、「見知らぬ旅人と仲良くなりたい」「外国語会話を習得するため、海外の人と話したい」というような「ゲストとの交流」なのです。だから、ホストもゲストも、出かけてばっかりで全然家にいない、という状況はNG。

ホストのステータスとして、「Coffee or a drink」=「宿泊先は提供できないけど、お茶や食事を一緒にしましょう」があるのも納得ですね。

 

airbnbは施設のバリエーションが魅力

airbnbは施設のバリエーションが魅力

photo by airbnb

一方、「Airbnb」はホストが空いたスペースを提供し「宿泊費を稼ぎたい」というビジネス要素がやや強いです。たとえば、自分の所有する空き家や別荘を短期間貸出したい場合などはこちらの方がぴったりですね。また、無償で泊まるのは申し訳なくて気を使ってしまう…というゲストも、割り切って利用できます。

施設のバリエーションに富んでいるので、「お城に泊まってみたい!」という夢がかなうかもしれません。

 

目的によって使い分けよう

いかがでしたか?違いを知ってみると、どちらも一長一短ですね。現地の人たちと交流したい場合は「couchsurfing」、安宿に泊まりたいけど、街の観光をめいっぱいして、宿では寝るだけ…という人は「Airbnb」というように、旅の目的によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング