ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

音楽センスのいい中国国際航空


航空会社では搭乗時に機内でボーディングミュージックと呼ばれる音楽を流します。中国国際航空もボーディングミュージックを流すわけですが、これが実にセンスがいい!

フィーリングミュージックみたいで本当に驚きました。いい意味で中国国際航空のイメージが覆るかもしれませんよ。

北京首都空港の手荷物チェックにはご用心

Photo by Nitta Hiroshi

中国国際航空に搭乗する際の注意点は手荷物です。北京首都国際空港の手荷物チェックは厳しく、すべての電子機器をカバンの外に出さないといけません。

バッテリーも外に出し、検査官にバッテリーであることをはっきり伝えましょう。ルールを守れば検査官からとやかく言われることはありません。

Photo by Nitta Hiroshi

もし乗継時間が迫っている場合はためらわずに近くの検査官やスタッフに伝えましょう。すぐに対応してくれます。筆者は帰国便で時間が切迫していましたが、現地スタッフのおかげで関西行きに乗り換えることができました。

ところで、飛行機好きに言わせると冬期の北京首都空港での乗り換えはおすすめしないということ。スモッグなどの影響で大幅に遅延することが多いようです。また大規模な軍事演習が行われる場合も便の欠航や遅延が発生するそうです。

中国国際航空を利用するとANAマイレージが貯められる

 

この投稿をInstagramで見る

ANA✈️さん(@ana.japan)がシェアした投稿 – 2019年 7月月29日午前1時25分PDT


中国国際航空はスターアライアンスに加盟しています。ANAもスターアライアンスのメンバーなので、中国国際航空を利用するとANAのマイルを貯められます。加算率はそのときの予約状況によって異なるのでご注意ください。

参考までに筆者が利用した便では以下のような扱いになりました。

関西→北京 クラスT 加算マイル(ANA)546マイル
北京→モスクワ クラスL 加算マイル(ANA)1,080マイル
モスクワ→北京 クラスL 加算マイル(ANA)1,080マイル
北京→関西 クラスT 加算マイル(ANA)546マイル

乗客の中国人もやさしかった

Photo by Nitta Hiroshi

長距離便の旅行を左右する要素は搭乗客です。いずれの便も7~8割は中国人が占めていました。特に北京~モスクワ便は日本人が私1人しかおらず「大丈夫かな」と思いましたが、何の問題もありませんでした。

モスクワ・シェレメチェボ空港でセキュリティーチェックをしている合間に中国人のおばさんが積極的に声をかけてくれました。もちろん彼女らは中国語。残念ながら筆者は中国語はわかりません。それでも何とかコミュニケーションをとろうとする姿勢がうれしかったですね。

また機内も落ち着いており、あまり国内の航空路線と変わりませんでした。中国国際航空を頻繁に使う旅人に聞くと「いつも落ち着いているよ」とのこと。さすがは中国のフラッグキャリアだと思いました。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング