ライター
山中 基弘 世界一周経験者

茨城県出身。高校卒業後、早稲田大学に進学するも京都で学生生活を送るという夢を捨てきれず再受験を決意。仮面浪人を成功させ京都大学に入学。 TABIPPO2014に参加して旅の素晴らしさを知り、バックパッカーとしてアジアを中心に旅を重ね、TABIPPO2015大阪では広報スタッフを務める。2015年7月から250日間の世界一周の旅にでる。趣味は京都のお寺巡り。

空港内はイスラム風の幾何学模様になっていてまるで21世紀の宮殿のようです。スーベニアショップもお洒落な造りになっているそうなので、訪れた際は是非チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

4.【世界一ロストバッケージが多い】ロンドン・ヒースロー空港(LHR/イギリス)

ヒースロー空港

Photo by Shutterstock

ロンドンを代表する国際空港で、2013年まで国際線利用者数が世界一でした。利用者数増加に伴い場当たり的な拡張を繰り返してきたせいで空港作業員の作業効率が低下してしまい、ロストバッケージが非常に多いそうです。トランジットで使う際は特に注意しましょう。

 

5.【世界一飛行機が近い】プリンセス・ジュリアナ国際空港(SXM/オランダ)

プリンセスジュリアナ空港

Photo by Shutterstock

カリブ海に浮かぶセント・マーチン島のオランダ領側にある空港です。ちなみに北半分はフランス領となっているそう。飛行機がビーチ上空から滑走路の端をなんと高さ20m程度で通過するそうです!着陸する光景を見るために世界各国からたくさんの人が集まり、観光名所として有名になったそうです。海と飛行機の両方を楽しめる最高のスポットですね。

 

6.【世界一快適】シンガポール・チャンギ空港(SIN/シンガポール)

シンガポール

Photo by Iain MacFarlane

この空港なにが凄いかというと、待ち時間を楽しみながら過ごせる施設がたくさんあるということです。世界初の空港内のバタフライガーデン、無料でフットマッサージ、ゲーム、映画を楽しめるなどここはテーマパーク!?と思わせるサービスがあります。空港に1日いても退屈せずに過ごせそうですね。

 

空港を上手く利用して旅を快適に!

空港

Photo by Shutteratock

僕は今年の3月にインドを旅しました。このとき利用したのが首都デリーにあるインディラ・ガンディー国際空港。ここは空港内にはいるときに必ず紙媒体の航空券を見せる必要があります。僕はeチケットしか用意してなかったので空港に入るだけで時間がかかってしましました。

このように空港によってルールが違うので事前にきちんと調べておきましょう。特に空港内のwifiの利用には案内カウンターに申し出が必要な場所が多いので要チェックです。

空港を上手く利用して素敵な旅にしてみてはいかがでしょうか?

 

ライター
山中 基弘 世界一周経験者

茨城県出身。高校卒業後、早稲田大学に進学するも京都で学生生活を送るという夢を捨てきれず再受験を決意。仮面浪人を成功させ京都大学に入学。 TABIPPO2014に参加して旅の素晴らしさを知り、バックパッカーとしてアジアを中心に旅を重ね、TABIPPO2015大阪では広報スタッフを務める。2015年7月から250日間の世界一周の旅にでる。趣味は京都のお寺巡り。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング