ライター
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

そして問題はその窓や扉です。日本ではあまり考えられませんが、そこには驚くほど大きな隙間だらけ!そしてそこから自由に出入りするのが、ヤモリです!

何かする、と言う訳ではないですが、驚くのはそのサイズです。南米だからでしょうか、私もかなりビッグなヤモリ3匹と一晩を明かしました。最初はかなり驚きますが、慣れてくると可愛く感じるかも?しれませんね。

 

エンジェルフォールは、別角度から!

photo by pixta

もちろん、メインのエンジェルフォールの迫力も冒険の醍醐味です。エンジェルフォールは、ヘリコプターで遊覧飛行し上からその全貌を楽しむことが多いですが、より近くでその迫力を味わえるスポットがあります。

それが「ライメの展望台」です。展望台といっても、双眼鏡が設置されているような整備された場所ではなく、大きな平な岩が一枚あるだけです。

そこまでの道のりは、往復約3時間ほど。前半は高低差はあまりなく、木の根が多い茂る森で、時折小さな川を越えながら進みます。ここでは泳ぐという事はありませんが、濡れても良い靴の方が良いでしょう。

 

しばらくすると足場が徐々に岩場へと変わります。高低差も大きくなり、手を使わないと登りづらい程になっていきます。かなり体力を使いますが、所々見たことない植物があったり、ジャングルのような場所を抜けたりと、冒険度の高い道のりです。

実際かなり体力は使いますが、普段トレーニングをしていなくても、登れるのでご安心ください♪

 

エンジェルフォール以外の外せないスポット

photo by pixta

エンジェルフォールは世界遺産として有名ですが、その周辺にはたくさんの外せない冒険スポットがあります。

photo by pixta

1つ目は「カバックの滝」。そびえ立つ岩に囲まれた神秘的な滝です。川を泳いで渡ってきた人だけが見ることのできる秘境の奥にある秘境の滝。

2つ目は「サポの滝」。滝の裏側にある遊歩道を歩けます。ゴーグルなしでは歩けないほどの水しぶきの中を通るので、びしょ濡れになる事間違いなし!マイナスイオンをたっぷり浴びる滝です。

 

3つ目は「カナイマラグーン」。エンジェルフォールでの滞在はロッジが集まる“カナイマ”という村になることが多いです。そのロッジに囲まれている場所にあるのが、カナイマラグーンです。いくつもの小さな滝が流れ込んでいるこのラグーンはクルーズも楽しむことが出来ます。

エンジェルフォールだけに注目されがちですが、その周りにも沢山の冒険スポットがあるので是非行ってみて下さい♪

 

冒険に必要なもの

photo by pixta

かなりアドベンチャー要素が詰まった、エンジェルフォールへの旅ですが、冒険にかなり役立つアイテムを最後にご紹介します。

●軍手(森の中を歩く時に欠かせない) ●ミネラルウォーター ●トレッキングシューズ
●ゴーグル(サポの滝で活躍) ●防水ケース(カメラ、パスポート用) ●虫よけスプレー(小さい虫が沢山います) ●帽子(けが防止にもなります) ●飴(体力回復用)

 

是非、冒険の旅へ!

photo by pixta

木製ボートでの移動や、川を泳いだり、思わず子供心をくすぐられるような体験ができるのが、エンジェルフォールへの旅の魅力です。ワクワクできる、刺激的な旅がしたいな、と思ったあなた。是非南米、ベネズエラに出かけてみて下さいね!

ライター
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング