tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ミスをした時の英語フレーズ

shutterstock_154671905

It’s my fault.
私の責任です。

I was careless.
私が不注意でした。

I regret what I did.
自分のした事を後悔しています。

I deeply regret that I made such a big mistake.
あのような大きなミスをして、とても後悔しています。

I’m sorry to have kept you waiting.
お待たせてして、すみませんでした。

I would like to apologize for my mistake.
間違いをお詫びいたします。

 

謝罪された時に返す英語フレーズ

shutterstock_168386804

All photo by shutterstock

番外編として、謝罪をされた時に返すフレーズを紹介いたします。謝罪をされた場合は次のように返しましょう。

No problem.
大丈夫だよ。

That’s ok.
大丈夫だよ/いいよ。

Never mind.
気にしないで。

It’s OK. I understand.
いいよ、分かったよ。

Please, don’t worry.
どうか気にしないで。

You don’t have to apologize to me.
謝る必要なんてないよ。

No need to apologize.
謝らないで。

Don’t feel sorry.
気にしないで。

 

英語で謝罪するときのちょっとしたルール


よく「謝りすぎてしまう」と言われる日本人。世界とはちょっと違った謝罪ルールがあるみたいです。そこで今回は英語に限ったちょっとした謝罪ルールをご紹介します。

 

謝罪=非を認めたことになる

すぐに謝罪をした方がいいと教えられて育ってしまう日本。世界に出ると、謝罪=自分の非を全面的に認めたという意図になってしまうのです。そのため、事故やアクシデントですぐに謝ってしまうと、向こうが悪くてもこちら側が慰謝料を多く払うことになったり、罰を多く受けたりすることになってしまうことも…。

ぶつかった時には「Sorry」ではなく「Excuse me」を使うようにしたり、Sorryは大丈夫か確認した上で慎重に使うようにしましょう。

 

目上の人にI’m sorryはちょっと失礼?

会社や学校などで、カジュアルな相手に謝罪するとき、I am sorryはちょっとカジュアルな感じがします…。使うなら「I apologize for my mistake」や「I am deeply sorry」などというちょっとかしこまった言い方が良いかもしれません。さらに、なぜ謝罪をするのかの理由までしっかり伝えることができると良いでしょう。

 

メールでは省略を使ってはいけない

もしメールで謝罪を伝える場合、省略は使ってはいけません。例えば「I’m sorry」は「I am sorry」に、基本的にアポストロフィを打つのは控えましょう。そして長文でしっかりと謝罪の理由、今後どうしていくのかを伝える必要があります。誤字脱字には絶対に気をつけ、文法の間違いがないか、送信する前にダブルチェックを行うことが良いでしょう。

 

色々な「ごめんなさい」を学ぼう

一般的に知られている「I’m sorry」以外にも、様々な謝罪表現がある英語。相手と自分との間柄や距離感によっても表現は変わります。

フォーマルな場では「apologize」を、親しい間柄では「sorry」をなど、適切な謝罪表現が使えるようになれば、あなたの英語のレベルも一歩アップです!

 

TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」始めました!

旅人留学プランキャンペーンとは、「TABIPPO」と「School With」が提携して行っている「旅人応援プラン」です。

■School Withとは…国内最大留学口コミサイトを運営する、留学エージェント。
「あなたの旅や人生の幅を広がるよう、英語を習得して新たな一歩を踏み出してほしい」という思いで今回の「旅人応援プラン」が始まりました!

こちらでお申し込みいただけますと、
①TABIPPO著書の「ひとり旅英会話 BOOK」を全員にプレゼント
②TABIPPO主催の英語関連イベントに無料ご招待
③留学体験記を書いたら5000円キャッシュバック
などなど、豪華特典がついてきます!

まずはSchool Withに「無料会員登録」して学校情報、口コミなどをチェックして、留学の夢を膨らませてみてはいかかですか^^

詳細はこちら→ TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」

tabippo

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事