ライター
グワカモレ 脱サラからの世界半周

「20代最後に色んな国に行きたい!」と脱サラして世界半周の旅にでたアラサー女子。元PR会社勤務。旅のテーマ「現地の人の生活を覗き見する」の名のもとに、できるだけホームステイや居候をしながら旅をしています。 累計訪問ヵ国は約30。特に好きな地域はラテンアメリカと中央アジア

自然にできた塩の橋「プエンテ・デル・インカ」


photo by グワカモレ

4つ目のスポットは、日本語で「インカの橋」という名前の村「プエンテ・デル・インカ(Puente del Inca)」。アコンカグア登山の拠点となる村で、標高は2,720メートルと高めです。

ここの見どころは何といっても、温泉の塩分の結晶化によって形成された天然の塩の橋 (写真中央やや左側)。残念ながら橋を渡ることはできませんが、かなり真近で自然が作り出した不思議な景色が見られます。

また、写真中央に見える廃墟のような建物は、実は元ホテル。天然温泉を利用した保養施設だったそうですが、1965年の大雪崩で倒壊し、そのまま放置されているとのこと……。

■詳細情報
・名称:プエンテ・デル・インカ(Puente del Inca)
・地図:
・アクセス:メンドーサバスターミナルからアコンカグア行き、もしくはサンティアゴ行きのバスで約3時間

南米最高峰アコンカグア


photo by Shutterstock

最後にご紹介するのは、アルゼンチン側にありつつ、チリの国境までたった15キロメートルという場所にある、南米最高峰アコンカグア(Aconcagua)。標高6,960メートルを誇るこの名峰は、ヒマラヤ山脈の山々を除くと世界最高峰!その頂を目指して、夏には世界中から多くの登山家が集まります。

山頂まで登るには、かなりの鍛錬が必要かつ最低でも10~12日はかかります。ただし、「アコンカグア州立公園」内には、半日~一日で楽しめる短いハイキングコースも整備されていて、展望スポットから雄大なアコンカグアの姿を眺めることができます。

もちろん、バスの車窓からも眺められますが、その時間はわずか30秒ほどで、かなり遠くに小さく見えるだけ。こちらの写真はバスの車窓から見えたアコンカグアです。


photo by グワカモレ

やはり、その雄大な姿をゆっくり大きく眺めるには、バスを下車して州立公園内の展望スポットを目指すのがおすすめです。

■詳細情報
・名称:アコンカグア州立公園(Parque provincial Aconcagua)
・住所:RN7 10, Mendoza
・地図:
・アクセス:メンドーサバスターミナルよりサンティアゴ行きのバスで約2時間
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日:なし
・電話番号: +54 261 425-8751
・オススメの時期: 11月~3月
・公式サイトURL:http://www.aconcagua.mendoza.gov.ar/

各スポットへのバス


photo by グワカモレ

最後に、メンドーサ・サンティアゴ・各スポットへのバスとバスターミナルについてご説明します。

メンドーサからバスに乗る場合

メンドーサバスターミナルから、サンティアゴ行きの国際バスの各駅停車に乗って目的地で下車する方法と、各村行きのローカルバス(ポトレリージョス行きのバスなど)に乗る方法があります。いずれにしても、所要時間や料金はほとんど変わらないので、ターミナルで次に来るバスを教えてもらい、乗り込むのがスムーズです。

■詳細情報
・名称: メンドーサバスターミナル(Terminal de Ómnibus de Mendoza)
・住所:Av. Gdor. Ricardo Videla, Mendoza
・地図:
・アクセス:市内中心の独立広場から徒歩20分

サンティアゴからバスに乗る場合

サンティアゴには2カ所大きなバスターミナルがありますが、メンドーサ行きのバスは一部を除いて「サンティアゴ・ターミナル(Terminal Alameda Santiago、別名Terminal Sur)」から出ています。メンドーサへの直行便ではなく、各駅停車のバスに乗りましょう。

■詳細情報
・名称: サンティアゴ・ターミナル(Terminal Alameda Santiago、別名Terminal Sur)
・住所:Av Libertador Bernardo O’Higgins 3850, Santiago, Estación Central, Región Metropolitana
・地図:
・アクセス:地下鉄L1ライン(赤色)サンティアゴ大学駅徒歩5分

せっかくの絶景ルートを寄り道しながら旅しよう!


photo by グワカモレ

今回は、アルゼンチンのメンドーサとサンティアゴを結ぶバスルートで、ぜひ寄り道をおすすめしたい5つのスポットをご紹介しました。

南米を旅していて、バスの車窓から見える雄大な景色に何度も感動しましたが、このルートは特に壮大な風景に圧倒された、とても印象深いルート。

あまり時間のない旅の場合は難しいかもしれませんが、もし時間があれば、せっかくの絶景ルートを気になったスポットに寄り道しながら、時間の許す限りのんびりと旅してみてはいかがでしょうか?

ライター
グワカモレ 脱サラからの世界半周

「20代最後に色んな国に行きたい!」と脱サラして世界半周の旅にでたアラサー女子。元PR会社勤務。旅のテーマ「現地の人の生活を覗き見する」の名のもとに、できるだけホームステイや居候をしながら旅をしています。 累計訪問ヵ国は約30。特に好きな地域はラテンアメリカと中央アジア

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング