ライター
金邉 竜也 旅する映像作家

旅した国は18カ国。米国サンディエゴ留学中にフォトグラフィーとグラフィックデザインを専攻。海外アートのレベルの高さに触れ、映像の魅力に惹かれる。2016年からフリーランスとして活動中。ウェディング、PVなどの撮影・編集を手がける。

スクリーンショット 2016-05-01 13.25.41

photo by vimeo.com

 

“MAISHA”=”生命力”(スワヒリ語)

この映像の舞台はケニアという国で、映像のタイトルはスワヒリ語で「生命力」を意味します。この映像の至るシーンに垣間見える、重要なキーワードです。

私たち日本人の生活とは違い、インフラの整っていない地域に住むケニアの人たち。そんな生活の中でも、人々は活気にあふれて生きていて、要所要所に輝くような笑顔を見せてくれています。

まるで、日本のいう「豊かさ」とは違った意味の「豊かさ」を見せてくれているようですね。

スクリーンショット 2016-05-01 13.30.06

photo by vimeo.com

スクリーンショット 2016-05-01 13.37.05

photo by vimeo.com

 

日本のクリエイティブカンパニー「augment5」

この映像は、彼らが2013年にケニアを3週間ほど旅しているときの作品です。

映像の美しさはもちろん、音響にも相当に手をかけて作り上げた作品と言われています。響く重低音、抑揚のある曲調も映像を引き立てる重要なファクターになっています。

公式サイト:http://augment5.com/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アフリカを取り巻く負のイメージもあるでしょう。ただそれを凌駕するほどの素晴らしいエネルギー(MAISHA)に溢れている土地、それが”アフリカ”なのかも知れませんね。

ライター
金邉 竜也 旅する映像作家

旅した国は18カ国。米国サンディエゴ留学中にフォトグラフィーとグラフィックデザインを専攻。海外アートのレベルの高さに触れ、映像の魅力に惹かれる。2016年からフリーランスとして活動中。ウェディング、PVなどの撮影・編集を手がける。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング