ライター
タビワライフ 死ぬまで新婚旅行! / 海外ノマド夫婦

「死ぬまで新婚旅行!」をしている夫婦 / 結婚→退職→新婚旅行をスタートさせて1,000日以上経過 / 2019年6月からヨーロッパでバンライフはじめました!

寒さも楽しむ!なかなか氷点下20℃の世界なんて体験できないですもんね。

 

氷点下20℃のアラスカで温泉⁉︎

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

photo by PunkToad

オーロラを見てみたいけど、寒いところは苦手という人も多いとおもいます。でも、アラスカのロッジなどではほとんどのところが防寒着などをレンタルしてくれます。またロッジ内は暖かく快適です。それでもやはりアラスカ、外は寒いです。

そんな時に行きたいのが、アラスカのフェアバンクスにある温泉「チェナ温泉」です。温泉と言ってもここはアメリカ!温泉のサイズも大きくプールみたいに広いです。水着を着て入る混浴温泉です。

ここで体を温めて、夜はゆったりオーロラが出てくれるのを待ちのもいいですね。ただ、油断していると外に出た髪の毛だけが凍ってしまうことがあります。

また併設されたアイス・ミュージアムでは氷のグラスでアップル・マティーニが楽しめます!

 

あまり知られていない。夏のアラスカ

5426373830_ceebc9f2f1_b

photo by Paxson Woelber

オーロラの存在で寒い冬のイメージが強いアラスカですが、アラスカに何度も行っている方のお話によるとアラスカの夏がオススメとのこと。

ハイキング、氷河クルージング、ホエールウオッチング、サーモンフィッシング、アラスカ鉄道。冬は雪のためにどうしても行動範囲が限られてしまいますが、夏はアラスカの大自然を思う存分味わうことができます。

ただし、夏の3ヶ月間(6月〜8月)も気温は20℃くらいです。

 

注意!日本からの直行便はありません。

8732649694_b7f1b4d125_b

photo by BriYYZ

地図で見ると以外と近いように感じるアラスカですが、実は日本からの直行便はありません。そのため、多くの場合がシアトルなどを経由してアラスカに行きます。

移動時間が長く少し大変ですが、トランジットの待ち時間におしゃれなシアトルの街並みも観光できるので、一度で二度美味しいと考えることもできます。また、それだけの時間をかけて行くからこそ、オーロラを自分の目で見れた時の感動がさらに大きいものになるのかもしてません。

 

まとめ 今年の冬はアラスカに行こう!

いかがでしたしょうか?

オーロラを死ぬまでに一度はこの目で見てみたいと思いアラスカまで行ったのですが、一度見てしまったら、もっと見たくなってしまった。そこには写真や映像、文章では伝えきれない感動があり、人を惹きつける魅力がありました。

アラスカという大自然の中、 一度として同じ表情をしない地球と宇宙の神秘オーロラに会いに行ってみませんか?

ライター
タビワライフ 死ぬまで新婚旅行! / 海外ノマド夫婦

「死ぬまで新婚旅行!」をしている夫婦 / 結婚→退職→新婚旅行をスタートさせて1,000日以上経過 / 2019年6月からヨーロッパでバンライフはじめました!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング