ライター
菓子谷 梨沙 フォトグラファー

ウエディングを専門にフォトグラファーとして約9年間勤め、2013年に写真撮影のため渡豪。その後、約3ヶ月掛けて車でオーストラリア国内の風景等を撮影して回ったり、2013年よりオーストラリアに住んでいる日本人向けの雑誌社で、フォトグラファー、ライターとして働く。現在は帰国し、撮影旅行が大好きな、フリーランスのフォトグラファーです。

スワンリバーの上流沿いに約40以上も点在するワイナリーでは、ワインの試飲や購入ができます。

ワイナリーに併設されたレストランでは、ぶどう畑の中で友人達と共におしゃべりで盛り上がり、おいしいワインを飲みながら、ワインに合う食事などで、優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?

また、ワイナリー巡りをしてみたい方には、市内から日帰りのワイナリーツアーも出ていますので、こちらに参加してみるのもオススメです。

 

歴史ある港町 フリーマントル

pixta_3030807_M

photo by pixta

フリーマントルは昔、港町として栄えていました。いまもその名残は少し残っており、採れたて新鮮の魚を提供するフィッシュ&チップスのお店は地元民や観光客に大人気です。さらにフリーマントルには世界遺産にも登録されている「フリーマントル・プリズン」があります。

かわいい雑貨屋さんや安いマーケットも多く並ぶので、お土産を買うには絶好のスポットです!またカプチーノ通りと呼ばれる通りでは多くのでコーヒーショップが並び、女性を中心に賑わいます。

 

セルフィーで人気のクオッカにあえるロットネスト島

ロットネスト島 Photo By Lisa Kashitani

ロットネスト島 Photo By Lisa Kashitani

ロットネスト島 Photo By Lisa Kashitani

 

パースの沖合にはセルフィーが大好きな動物として、ネットで人気者となったワラビーの一種であるクオッカが生息する、ロットネスト島があります。

島の名前の由来は、島を発見したオランダ人が、クオッカを大きなねずみと間違えた為、「ロットネスト(ネズミの巣)」と名付けらた様です。

 

市内のフェリー乗り場から高速艇で約1時間30分で気軽に行ける、この島のエメラルドグリーンに輝く海で、ダイビングやシュノーケルをすることができ、時折クジラにも出会えます。

国立公園の島内をレンタサイクル周り、自由に散策して自然を満喫してみるのも、醍醐味の1つです。

 

まとめ

パースの街から簡単に行ける観光スポットです。

市内観光のついでに、郊外へ足を伸ばして、西オーストラリア州の自然の中でゆったり、のんびり過ごして、息抜きをしてみて下さい。

ライター
菓子谷 梨沙 フォトグラファー

ウエディングを専門にフォトグラファーとして約9年間勤め、2013年に写真撮影のため渡豪。その後、約3ヶ月掛けて車でオーストラリア国内の風景等を撮影して回ったり、2013年よりオーストラリアに住んでいる日本人向けの雑誌社で、フォトグラファー、ライターとして働く。現在は帰国し、撮影旅行が大好きな、フリーランスのフォトグラファーです。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング