ライター
伊東 篤志 旅好き会社員

普通の会社員をやってますが、絶景や自然遺産を拝みに弾丸旅行で様々な場所に飛んでいきます。 皆様、地球のどこかでお会いしましょう!

また旅の際に時差ボケは避けられないものですが、無理やり現地時間と体内時計を合わせたりせず、眠くなったら寝てしまい、徐々に時間と体内時計を合わせていく様にしています。

 

行程・荷物の管理

shutterstock_283550846

Photo by shutterstock

飛行機の乗り継ぎをする際は、同じ航空会社で予約を取る様にしています。もし飛行機が遅れることがあっても同じ会社での乗り継ぎであれば、搭乗を待っていてくれるらしいです。

また荷物についてはロストバゲージのことを考えるとなるべく機内に持ち込みをしたいところです。

 

まとめ

自分の旅のスタイルだと許容できるリスクの範囲がここまでという線引きをした結果、こういう方法を選択していました。

人によっては生ものも食べてみたいし、もっとリスクを許容できるよ!という方もいると思うので、万人に通用するルールではありませんが、これから旅に出る方の参考にしていただき、リフレッシュした状態で日常生活に戻りましょう!

ライター
伊東 篤志 旅好き会社員

普通の会社員をやってますが、絶景や自然遺産を拝みに弾丸旅行で様々な場所に飛んでいきます。 皆様、地球のどこかでお会いしましょう!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング