ライター
Ayano 旅する女将

外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパッカー宿から豪華ホテルまで長期も弾丸も様々なスタイルで旅を続けている。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"LAとマカオに居住経験あり。

 

かばんごとに詰める

すべて機内に持ち込むことを想定して実際にかばんに詰めてみました。

DSC04814

DSC04816

Photo by ayano

機内持ち込み規定は会社にもよりますが、身の回り品1個の他に3辺の合計が115センチ以内(幅55cm×高さ40cm×奥行き25cm以内)合計で重さ10kg以内の手荷物1つです。

今回使用したかばんは機内持ち込みサイズのキャリーバックと、トートバック1つです。トートバックの中には貴重品をしまえるポーチを入れ、すぐに取り出せるようにしてあります。

 

キャリーバックには機内で必要のないものと液体以外のものを入れます。液体はセキュリティーですぐに取り出せるようにあらかじめ透明のビニール袋に入れておきます。

パッキングのコツは洋服を立てること。きちんとたたむことでシワも防ぐことができます。

 

まとめ

shutterstock_214227256

Photo by shutterstock

いかがでしたか?帰るときに増えた軽い荷物や割れ物は折りたたみできるナイロンバックに入れて機内に持ち込み、ワインなどの液体や重いものは預け荷物としてキャリーバックをチェックインしましょう。

これであなたも”荷物は半分、お金は2倍” 旅準備の法則に近づけたのではないでしょうか?荷物が少ないと行動範囲も広がりますし、お土産もたくさん買えちゃいますね。

ライター
Ayano 旅する女将

外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパッカー宿から豪華ホテルまで長期も弾丸も様々なスタイルで旅を続けている。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"LAとマカオに居住経験あり。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング