TABIPPO社員
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。TABIPPOでは、メディア、プロダクト、SNS、総務など幅広く担当しています。沖縄の離島とピアノが好き。

ヒーリングスポットで心を浄化させる

ヒーリングスポットで心を浄化させるphoto by shutterstock
バリ島の人口の90%がバリヒンズー教徒。神様へのお供え物とお祈りは毎日欠かしません。そんなバリ島にはパワースポットがいくつもあります。

その内のウブドから車で30分程北に向かったところにある「ティルタ・ウンプル」は、不老不死の「聖なる水が湧く寺院」として、地元の人に大変有名な寺院です。(観光客はあまり訪れないようです)

そこでの最大の目的は沐浴。現地の人はここで沐浴をして祈りを捧げます。また、無病息災の力があるこの泉から湧き出た水を持ち帰る人も多くいるそうです。

ここは神聖な場所のため水着で入ることが固く禁じられています。必ずサロンを身につけて沐浴しましょう。お祈りを捧げながらいくつも並んだ吐出口から水を浴びれば身が引き締まり、心が整っていきます。

手頃にバリ文化に触れることができる

IMG_9635 copyphoto by Misaki Naka
298314_211111562279116_6484280_nphoto by Misaki Naka
芸術文化と伝統の街ウブドでは、毎晩夜になると街の寺院や王宮で伝統的なバリ舞踊を堪能することができます。しかもお値段は600円程でお手軽!チケットは街角で立っているおばちゃんから購入できます。

私はケチャダンスが一番好き!男性がリズム良く「チャチャチャ!」と言い続けるのですが、このリズムが頭に残ってやみつきに…。

ウブド市内で鑑賞も可能ですが、人気があるのはウルワツ寺院でサンセットを見ながらの鑑賞。ツアーで行けば、宿までの送迎も付いているので、夜遅くなっても安心です。

食べやすいインドネシア料理!

IMG_9606photo by Misaki Naka

301669_211112138945725_7680458_nphoto by Misaki Naka
ナシゴレンやナシチャンプルー(写真上)、ミーゴレン(写真下)、ガドガド、サテ。日本でも耳にしたことがある料理たち。

アジア料理というと香辛料やパクチーが入っててなんだか苦手…と懸念している人もいるかもしれませんが、インドネシア料理は他の東南アジアと比べて、ココナッツを多く使って味付けをしており、マイルドな食事が多く、日本と同じくお米が主食となっているため、辛いものやアジアの独特な香りが苦手という人でも堪能できると思います。

オススメのお店
「Warung sopa」
住所:JL Sugriwa No36, Padang tegal, Ubud 80571
ウブドの賑やかなハノマン通りから1本入ったスグリワ通りにある、ヨガ帰りのベジタリアンがよく通うお店。一番人気のメニューは、ナシチャンプルー!ご飯とおかず(約10品の中から好きな惣菜を4種類選べる)のセットでRp290,000(2014年9月時点で約290円)。
店内はWi-Fiもつながり、手作りのオーガニックケーキもあるので、まったりと過ごしたい日にお勧めです。

バリ島独特の雰囲気があなたを虜にする

IMG_9655 copy copy copyphoto by Misaki Naka
バリ島に着くと向かえてくれるのは心が落ち着くガムランの音、街のいたるところに置かれているお供え、人々のお祈り。あぁ、神々が住む島に来たんだ!と実感させてくれます。

バイクに四人乗りは当たり前、ご飯を食べに入ったら店員さんがずっとトランプで遊んでいたり、アジアならではのゆるーい感じももちろんあるのですが、バリ島は少し空気や雰囲気が違うような気がします。

初めて一人旅に出る時って勇気がいりますし、不安も大きいと思います。治安が良く、日本語も使える場所が多く、島ならではのんびりとした雰囲気、そして暖かく向かえてくれる人々がいるバリ島は一人旅デビューにピッタリだと思います。

一人旅でどこに行こうかな〜と悩んでいるあなた!買い物、食事、文化、リラックス、全てを体験できるバリ島で都会から離れてゆっくりと贅沢な時間を過ごし、一人旅の魅力にはまってみませんか?

TABIPPO社員
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。TABIPPOでは、メディア、プロダクト、SNS、総務など幅広く担当しています。沖縄の離島とピアノが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング