ライター
あしか 組織設計事務所

2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。

 

また、サグラダファミリアのエレベーターチケットはすぐに売切れてしまうので、エレベーターにも乗りたいと思っている方は予約したほうがいいです。

人気の高いサグラダファミリアの予約は、こちら(英語版ページ)より行えます。また、外観の写真を綺麗にとりたい人には、閉館後にいくのもおすすめです。

 

いつも人が沢山いるサグラダファミリア前も、閉館後はぐっと人が減ります。ヨーロッパの夏は暗くなるのが非常に遅いので、昼間は人が多すぎてなかなか綺麗に撮れない外観をゆっくり撮ることができます。

※ただし、いくら明るくても夜だということは忘れないでください。また、暗くなり始めたら一気に暗くなってしまうので、あまり頑張って滞在しすぎないように注意してください!!

 

無料開放日を利用しよう!

2086344768_e3f3ef3d30_b

photo by Sergi Marin Casas

さまざまな美術館・博物館で無料開放日が設定されています。例えば、第一日曜日はカタルーニャ美術館、グエル邸、サン・パウ病院等が無料開放されます。

ピカソ美術館にいたっては毎週日曜日が無料開放日。各施設により、無料開放の時間指定があったりもするので、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

無料開放日は以下のページより調べることができます。
カタルーニャ美術館
サン・パウ病院
ピカソ美術館
グエル邸(日本語ページ)※団体予約の注意書のところに無料公開日の記載があります。

 

行くなら、学生のうちに!学割はほぼ全ての施設に有り。

5659319605_f2188a2de5_b

photo by Portland Afoot

バルセロナに限らず、ヨーロッパは本当に学割が充実しています。全てと言い切ってもいい位、多くの施設で学割が適用されますので、学生のうちに回れば回るほどどんどん得をしていきます。

例えば、学割が適用されると、サグラダファミリア(€13)、カサ・ミラ(€16.5)、カサ・バトリョ(€18.5)と3施設を比べるだけでも€9変わってきます。

 

水や飲み物はスーパーで入手しよう!

16238344850_ee59a634c7_b

photo by thomasswilliams

たかが水と侮ることなかれ。夏のヨーロッパの場合、日差しが強い上に乾燥しているので非常にのどが渇きます。下手すると熱中症にもなりかねません。

私は、一日で1Lは普通に飲みました。そうなると、意外とかかる飲み物代。バルセロナに関していえば、駅の商店や近くの出店などで買うと€2~3ですが、スーパーで買えばなんと約€0.5。その差は4~6倍です。

 

サグラダファミリアの近くや至る所にスーパーが存在しているので、そこで入手しよう。また、海外のスーパーはかわいいパッケージのお菓子や洗剤などが売っていて、入るだけで外国気分も楽しめます♪

バルセロナでは「SUPERMARCAT」という表記がスーパーの目印です。

 

おわりに

更に、バルセロナは世界的にも非常に人気の観光スポットなので、観光施設は非常に混雑します。そのため、入場制限を設けている施設も多いのです。

そうなると、待ち時間が長くなり一日一箇所しか回れない日が出てくる可能性もあります。沢山のスポットがあり、魅力的な都市だからこそ、できればお得に、そして効率よく回りたいものです。

また、バルセロナの割引チケットや観光サービスは多くの観光客に対応するために、値段や内容がよく変動しているようです。この情報は2015年6月現在のものなので、詳細の最新内容は改めてホームページ等で確認してください。

そして、バルセロナを思う存分満喫しちゃいましょう!

ライター
あしか 組織設計事務所

2015年2月に脱OLして、世界の建築が生み出す素晴らしい空間に会いにいく為にヨーロッパ一周中。それまでは、組織設計事務所でお仕事してました。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング