ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

ラ・ボンボネーラ

photo by Shutterstock

チョコレートの箱という意味を持つラ・ボンボネーラ。ブエノスアイレスに拠点を置くサッカーの名門チーム「ボカ・ジュニアーズ」のホームスタジアムです。

試合がない日はスタジアム見学ツアーが行われ、ロッカールームの見学や、実際にピッチに下りることもできます。

■詳細情報
・名称:ラ・ボンボネーラ
・住所:Brandsen 805, 1161 CABA
・アクセス:バス停「Irala」下車徒歩約5分
・営業時間:10時~18時
・電話番号:+54 11 4309-4700
・料金:80アルゼンチンペソ
・公式サイトURL:http://www.bocajuniors.com.ar/el-club/la-bombonera

 

エビータ博物館

photo by Shutterstock

エビータ博物館は彼女の没後50年にあたる2001年にオープンしました。33歳という若さで亡くなった彼女は、現在でも国民的ヒロインとしてとても人気があります。

エビータ博物館では、貧しい家庭に生まれながら大統領夫人にまで駆け上がったエビータの生涯を、写真やパネルなどで紹介しています。

■詳細情報
・名称:エビータ博物館
・住所:Lafinur 2988, Buenos Aires
・アクセス:Plaza Itaria駅から徒歩10分
・営業時間:11時~19時
・定休日:月曜日
・電話番号:+54 11 4807-9433
・料金:40アルゼンチンペソ
・公式サイトURL:http://web.museoevita.org.ar/

 

サン・マルティン広場

photo by Shutterstock

サン・マルティン広場はレティーロ地区にある広大な広場です。一面に芝生が広がり緑にあふれているので、市民の憩いの場所になっています。

広場内にはアルゼンチンの独立を指導したサン・マルティン将軍の騎馬像が建ち、中央には記念塔もそびえ建っています。

■詳細情報
・名称:サン・マルティン広場
・住所:50, Av. del Libertador, C1001 CABA
・アクセス:San Martin駅から徒歩2分

 

バローロ宮殿

photo by Shutterstock

高さが100メートルもあり、ブエノスアイレスの街を一望できるバローロ宮殿。建築家のマリオ・パランティがダンテの『神曲』をイメージして建てた建物です。

展望台からの眺めは素晴らしく、観光客にとても人気のスポットです。内部の見学はガイドツアーのみになっており、事前に予約しておく必要があります。

■詳細情報
・名称:バローロ宮殿
・住所:Av. de Mayo 1370, 1085 CABA
・アクセス:Sáenz Peña駅から徒歩2分
・営業時間:9時~20時
・定休日:日曜日
・電話番号:+54 11 4381-1885
・料金:195アルゼンチンペソ
・公式サイトURL:https://palaciobarolo.com.ar/

 

エル・アテネオ

photo by Ryoma Takahashi

エル・アテネオは世界で2番目に美しい本屋さんとして有名です。もともと劇場だった建物を改装し、2000年にオープンしました。

国内最大級の品揃えを誇り、イスやソファーがたくさんあるのでゆっくりと過ごすことができます。ステージだった部分は現在カフェになっており、コーヒー片手に本を読むことも可能です。

■詳細情報
・名称:エル・アテネオ
・住所:El Ateneo
・アクセス:Callao駅から徒歩5分
・営業時間:9時~22時
・電話番号:+54 11 4813-6052
・公式サイトURL:https://www.yenny-elateneo.com/local/grand-splendid/

 

ルハン動物園

photo by Ryoma Takahashi

世界一危険な動物園と称されるルハン動物園。ブエノスアイレスから少し離れた郊外にあります。ルハン動物園が世界一危険な動物園と言われる所以は、ライオンやトラの檻の中に入って直接触れることができるから。

園内には軽食を販売しているお店の他にバーベキュー場もあるので、バーベキューの準備をしていくのもいいかもしれません。

■詳細情報
・名称:ルハン動物園
・住所:Acceso Oeste Km 58, 6700 Luján, Buenos Aires
・アクセス:イタリア広場から57番のバスで約1時間
・営業時間:9時~18時
・電話番号:+54 2323 43-5738
・料金:700アルゼンチンペソ
・公式サイトURL:https://www.zoolujan.com/

 

カジノ・ブエノスアイレス

カジノ・ブエノスアイレスはプエルト・マデーロの港に係留されている船の中にあります。というのも、条例でブエノスアイレス市街でのカジノの営業が禁止されているから。

政府公認のかなり規模の大きいカジノで、スロットマシンやポーカー、ブラックジャックなど様々なゲームが楽しめます。

■詳細情報
・名称:カジノ・ブエノスアイレス
・住所:Av. Elvira Rawson de Dellepiane s/n, 1107 CABA
・アクセス:San Juan駅から徒歩20分
・営業時間:24時間
・電話番号:+54 11 4363-3100
・公式サイトURL:http://casinobuenosaires.com.ar/

 

さあ、「南米のパリ」ブエノスアイレスへ行こう

いかがだったでしょうか?南米とヨーロッパを同時に味わうことができ、一粒で二度おいしい街ブエノスアイレス。今回はブエノスアイレスのおすすめスポット15選を紹介しました。ぜひブエノスアイレスに行く際の参考にしてください。

ライター
髙橋 諒馬 フォトライター

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務するが、もっと様々なことに挑戦したいと思い退職。その後バックパッカーとピースボートで世界を2周。訪問国は40ヶ国。現在はフォトライターとして活動中。2020年9月〜キャンピングカーでアメリカ横断〜イギリスで2年間ワーホリ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング