ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

まだまだ侮ることなかれ

Bundle Beds_nozuru

photo by www.bundlebeds.com

その強みは掛け布団だけにとどまりません。マットレスは厚さおよそ5cmに膨らみ、その方法も付属のノズルを回すだけで自動的に空気が入るという優れもの。マットレスカバーを取り外して洗濯することも可能なため、泥にまみれる旅先でも清潔感を保つことができます。

ほんとに旅に不向きなのか?

shutterstock_194136239

photo by shutterstock

旅人にとって、異国の地で眠るというのは緊張する瞬間の1つではないでしょうか。これさえあれば格安ホテルの硬いベッドで寝不足になることもありませんし、カウチサーフィンでお世話になる時に「ベッドを持参してるんだ」なんて言ってしまえば会話の掴みもばっちりです。

たしかに持ち運びには少々難ありかもしれませんが、お金がなくて空港泊するときにも最適な代物だと言えます。

気になるお値段は?

Bundle Bedsさん(@bundlebeds)が投稿した写真 – 2016 2月 29 6:01午後 PST

子供用が日本円にして約1万3000円、大人用が約1万8000円です。最高の寝心地を持ち運べると思えば、高い買い物ではないのではないでしょうか?
 
ちなみに、あなたは1日の大事な睡眠、布団代にいくら支払えますか?私は100円くらいかなと考えていましたが、それでも1年間で計算すると約3万6000円ほどになります。そう考えると「Bundle Beds」が手の届く価格に思えませんか?

1年間旅をし続けても、1日50円ほど。決して「Bundle Beds」の回し者ではありませんが、ロングスリーパーで睡眠に貪欲な筆者にとってはとても魅力的な代物です。

まとめ

いかがでしたか?筆者が何回「Bundle Beds」と言ったか、あなたはわかりましたか?正解は、9回でした!

なぜか唱えたくなってしまう「Bundle Beds」。さまざまなアウトドアシーンで活躍するこの潔い新時代の寝袋を、誰よりも先駆けて使用してみるのはいかがでしょうか。
 
きっと旅先で素敵な夢を見られること間違いなし!ただし、気持ちが緩んで寝すぎに注意です!

購入サイトはこちらです。

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング