ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

ポーランドらしく美しい教会がたくさん!

Photo by Nitta Hiroshi

ポーランドはキリスト教カトリックに対する信仰心があつい国で知られています。そのため、どの都市にいってもカトリック教会がたくさん!もちろん、教会で行われるミサには数多くのポーランド人が参加します。ビドゴシチも例外ではありません。

こちらは目抜き通り、グダィンスク通りにある聖ペテロ・パウロ教会です。1872年~76年にかけて建てられ、建築スタイルはネオ・ロマネスク、ネオ・ゴシックスタイルです。

Photo by Nitta Hiroshi

私はポーランド人の友人と共にイースターの前日に訪れました。人々はイースターエッグを持って神父からの祝福を受けていました。

Photo by Nitta Hiroshi

旧市街から少し歩くと、ドーム型の不思議な建物を見つけました。こちらは聖ヴィンセンシオ・ア・パウロ聖堂です。第二次世界大戦でダメージを受けましたが、長年にわたる修復作業を行い、1990年代後半に再建されました。

Photo by Nitta Hiroshi

聖堂内は思ったよりもシンプルで所々に巨大なモザイク画がありました。

Photo by Nitta Hiroshi

こちらはビドゴシチで最古参の部類に入るゴシック建築の教会です。建てられたのは15世紀初頭のこと。その後、何度か再建され、現在の姿になったのは20世紀初頭です。教会の規模はかなり大きく、カメラに収めるのがやっと、という感じでした。

Photo by Nitta Hiroshi

聖堂内は外観とは異なり、思っていたよりも派手でした。ところで、この教会には1939年に発生したナチス・ドイツによるビドゴシチ住民に対する虐殺事件の碑がありました。ビドゴシチは幾度ともなく他国に占領され、苦難を乗り越えてきました。

優美な建物が楽しめる通り、グダィンスク通り

Photo by Nitta Hiroshi

ビドゴシチの目貫き通りにあたるのがグダィンスク通りです。グダィンスク通りはその名のごとく、北上するとグダィンスク行きの国道に出ます。通りにはレストランや商店が立ち並び、観光の拠点にするには最適です。グダィンスク通りには様々な建築スタイルが見られます。

こちらは先ほど紹介した聖ペーター・ポール教会の近くにあるTenement Carl Meinhardtという建物です。建設年は1909年とのこと。当時、建てられた典型的な近郊住宅です。通りの中心地に位置するせいか、存在感がありました。

Photo by Nitta Hiroshi

北に向かって歩くと均整のとれた美しい建物に出会えました。こちらはグダィンスク通り63番地にある住居用建物、Józef Święcicki tenementです。建設されたのは19世紀末のことで、機能主義、ネオルネサンス、ネオバロックの混成形となっています。右正面の窓枠のデザインが素敵だなと思いました。

Photo by Nitta Hiroshi

グダィンスク通りには珍しく緑色の建物を見つけました。こちらはグダィンスク通り93番地にある Carl Bradtke Tenementです。こちらも19世紀末に建てられたもの。よく見ると、最上階の装飾がなかなか素敵です。

Photo by Nitta Hiroshi

グダィンスク通りの建物群が整備されたのは最近のことです。日本のガイドブックではほとんど紹介されていませんが、まるで建築博物館にいるよう。カフェに入りながら、ゆっくりと建物めぐりを楽しんでください。

ビドゴシチ観光の注意点

Photo by Nitta Hiroshi

ビドゴシチにはあまり観光客が訪れないせいか、スリの気配すらありませんでした。都市と言いながらも、街中は平日でものんびりモード。まるで、現地住民のように観光できます。

今回、私はビドゴシチに住むポーランド人の友人と観光しました。1人で訪れる場合はホームページを通じて、ビドゴシチの観光情報を仕入れた上で訪れることをおすすめします。私は4月下旬に訪れましたが、インフォメーションセンターは閉まっていました。

▶︎ビドゴシチ市のホームページ

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング