ライター
Hiro Tokyo ライター/バイヤー

「旅は心の解放」この言葉の通り、旅をしながら出会った経験や思い出を綴り、皆様にもこの記事を通して、旅行に行った感覚と共に、行きたいという気持ちになってもらいたい、そんな心得を持って記事を書いています:)

Dundurn Castle (ダンダーン城)

photo by shutter stock
1835年に建てられたこのDundurn Castle(ダンダーン城)。重厚感がある外観は、イタリア技術から影響が強く受けられているそうです。このお城は当初イギリス軍の宿舎として、使われていました。
photo by shutter stock
お城の中には、40もの部屋があり当時働いていたメイドの衣装を着たツアーガイドが、宮殿内を巡るツアーにも参加可能。

何百年前にもなる、当時のヴィンテージ家具や備品も残されているので、歴史好きの方には、たまらないツアーです。

■詳細情報
・名称:Dundurn Castle (ダンダーン城)
・住所:610 York Blvd, Hamilton, ON L8R 3E7 カナダ
・地図:
・営業時間:12:00〜16:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+1 905-546-2872
・料金:$14(18〜59歳)、$12(60歳以上、13〜17歳(身分証明書が必要))、$8(6〜12歳)、無料(5歳以下)
・所要時間:約1時間
・公式サイトURL:https://www.hamilton.ca/attractions/hamilton-civic-museums/dundurn-national-historic-site

James Street North(ジェームス ストリート ノース)

photo by Hiro Tokyo

ローカルで小さなお店が多く連なる大通りが、このJames Street North(ジェームス ストリート ノース)。他では味わえない、ハミルトンならではのカナダ料理や、多国籍料理が味わえるレストランが数多くあります。

また、オリジナリティ溢れる雑貨を多く扱ったお店や、古着屋さんなどもあり、ここでしか買えない物がきっと見つかるはず。

photo by Hiro Tokyo

この通りで開催される、年に一度9月の祭典Super Crawl(スーパークルー)。このお祭りでは、James Street North(ジェームス ストリート ノース)内だけではなく、ハミルトン全域のお店がこの通りに期間限定でお店を出店し、かなりの盛り上がりを見せます。

アートから食事までさまざまな物が一挙に見れる為、9月に行かれることがあればぜひ参加してみてください。

■詳細情報
・名称:James Street North(ジェームス ストリート ノース)
・住所:James Street North, Hamilton, ON, Canada
・地図:

トロントからハミルトンへのアクセス方法

photo by Hiro Tokyo
トロントからハミルトンを訪れる方法として、3つの行き方があります。自分の好みに合わせて交通手段を選びましょう。

バス

最もお手頃で楽に訪れる方法は、バスです。所要時間は、トロントの中心駅である「ユニオン駅」から、約1時間で到着。乗り換えをすることもなく、毎時間に何本もバスが出ています。また、到着駅もハミルトンの中心地にあるので、すぐに街に繰り出せる所も魅力の一つ。

電車

photo by shutter stock

電車はバスに比べて少々料金が上がりますが、その分交通渋滞も気にすることもなく、バスより約10分程早く到着します。ラッシュアワー時や短い滞在日数の方には時間の節約になるため、電車で行く方がおすすめ。

photo by shutter stock

国際運転免許証やカナダ在住の方で免許をお持ちの方など、自動車運転ができる方は車でもアクセスできます。小さな町でトロントよりかは、駐車スペースも多くあり自由が利くところも魅力。

レンタカーを借りて「Car Pool(車の中で音楽に合わせて歌う遊び)」をしながら、家族や友人同士でドライブを楽しむのもいいですね。

ローカルで温かみがあり、自然たっぷりな魅力的な町「ハミルトン」

photo by Hiro Tokyo
トロントから約1時間で気軽に行ける、ハミルトン。滝や湖など、自然を満喫出来る一方で、バーやカフェもあり、都会生活と自然のバランスがとれた町です。

トロント観光ついでに、ローカルなものを味わいたい方や、滝など自然に癒されたい方にとって、十分楽しめること間違いなし!他では味わえない経験と思い出を、ハミルトンで作りましょう。

ライター
Hiro Tokyo ライター/バイヤー

「旅は心の解放」この言葉の通り、旅をしながら出会った経験や思い出を綴り、皆様にもこの記事を通して、旅行に行った感覚と共に、行きたいという気持ちになってもらいたい、そんな心得を持って記事を書いています:)

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング