ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

流氷を見ながら温まれるスパ「Strom」

この記事の初っ端に、冬をおすすめしたい理由No.1をご紹介しましたが、冬のケベックに訪れるべき理由No.2がこちらになります。

2018年にオープンしたばかりのこちらのスパは、なんと流氷が目の前というロケーションで温熱体験ができるとのこと。流氷が見られるスパってどういうこと?と半信半疑のまま、とりあえず水着に着替えて外に出てみます。

バスローブを羽織っていても、外は当たり前に氷点下。「寒い」以外の感想が思いつきません。

「いや、めっちゃ雪ありますやーん」と心の中でツッコミながら、奥に見える大きな温水プールを目指します。覚悟を決めてバスローブを脱いで、小走りでお湯の中へ。

 

え、何これ気持ちよすぎるんですけど……。

目の前には、本当に文字どおり流氷が広がっています。あああもう、一度入ると気持ちよすぎて出られなくなっちゃう。海外にいると湯船にゆっくり浸かることができないから、こういう体験が貴重ですよね……あああああもう出たくない。

 

一度その気持ちよさを味わうと、プールから出たあとの移動が地獄であることに気づきました。濡れた水着姿で氷点下の外を歩くのは信じられないくらい辛い。テレビでお笑い芸人がやっている寒中水泳も、今度から尊敬の目で見てしまいそうです。

ちなみに濡れた髪をそのまま放置しておいたら、すぐに凍っていました。

プールは一つではなく、屋内から外に繋がっているものや塩分濃度が高く死海のように浮くプール、サウナなども備えておりさまざまな種類を楽しめます。

■詳細情報
・名称:Strøm spa nordique
・住所:515, boul. Champlain Québec (Qc) G1K 0E4
・営業時間:10:00〜22:00
・電話番号:(418) 425-2772
・公式サイトURL:https://www.stromspa.com/vieux-quebec/boutique/

 

無料でジップラインもスライダーも楽しめる「モントリオール・アン・リュミエール」

最後にご紹介するのは、モントリオールで開催される「モントリオール・アン・リュミエール」。最初は地元の小さなお祭りかな?とあまり期待値は高くありませんでしたが、これが意外とハマりました!

冬を楽しむコンテンツが盛りだくさんで、迫力満点のスライダーやスリル感じるジップライン、プロジェクションマッピングなどのアートが展開されます。

▲この観覧車、笑っちゃうくらいのスピードで回ります

観覧車に乗ってみると、イベント会場の様子がよく見えます。このとき世界各国からメディアが訪れていたのですが、一番はしゃいでいたのが日本チームでほとんどのアトラクションを体験しました。

だってほら、実際に体験してみないと信ぴょう性のある記事を書けないからね。

 

そして夜遅くまで残って、長い列に並んでジップラインにも挑戦。仮設の簡素なものかと思いきや、結構な高さがある本格的なジップラインです。

「いざ、出発〜〜〜!」と、勢いよく飛び出した私。シャーっと華麗に移動して向こう岸にたどり着くイメージはできていました。……できていましたが、なぜか向こう岸にたどり着かずゴールの手前で止まってしまう結果に。

途中でぶらーんと情けなく吊られる状態になり、この旅で一番の失敗となりました。困った顔をしていたら、イケメンのお兄さんが助けに来てくれたのでオッケーとしましょう。

最後の最後で残念な結果となったものの、お伝えしたいのは私の情けない失敗ではありません。注目すべきは、なんとこの屋外アクティビティは全て「無料」だという点です!観覧車もスライダーもジップラインも無料だなんて、太っ腹すぎます。

もう1回トライしたかったけど、もうこの時点で22時を過ぎていたので泣く泣く退散しました。ケベックに来たら、ぜひ体験してみてください!

■詳細情報
・名称:MONTRÉAL EN LUMIÈRE
・開催時期:21th edition 2020年2月20日〜3月1日
・公式サイトURL:https://www.montrealenlumiere.com/

 

冬を楽しむ準備はもうできた!

All photo by Abe saxophone

こたつのスイッチをオフにして、こたつから出て、あったかい服に着替えて、背中にホッカイロを貼ってスノーブーツを履いたら、もう準備万端。カナダのケベック州で、冬を思う存分満喫しましょう!

今まで避けてきた寒い地域も、行ってみると意外な良さや魅力を発見できるかも。冬でしか体験できない、見られない景色を見に旅してみませんか?

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング