その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

鋸山

s_imasia_15148999_MPhoto by Pixta

千葉県の南房総にある鋸山で乗れるロープウェーイです。ここからは富士山や天城山、東京湾や伊豆大島などが見渡せます。四季折々の木々の変化も楽しめる絶景ポイントです。

■詳細情報
名所:鋸山ロープウェーイ
住所:千葉県富津市金谷4052-1
電話:0439-69-2314
アクセス:電車⇒JR内房線『浜金谷駅』下車徒歩8分 車⇒富津館山道路『金谷』出口5分
地図:
営業時間:9時〜17時(冬季16時)
定休日:1月中旬に約1週間
料金:12歳以上930円(往復) 6歳以上450円 6歳未満は無料
オススメ時期:1年を通しておすすめ
公式サイトURL:http://www.mt-nokogiri.co.jp/pc/p010000.php

千葉ポートタワー

imasia_10420880_M

Photo by Pixta

千葉みなと地区にある、137.25mの展望タワー。このタワーからは、360℃見渡せるクリアガラススペースがあり、東京湾アクアラインやスカイツリーが見渡せます。

クリスマスには、タワー全体がクリスマスツリーに大変身するイベントも開催されています。このパノラマ風景は絶景です。

■詳細情報
名所:千葉ポートタワー
住所:千葉県千葉市中央区中央港1丁目千葉ポートパーク内
電話:043-241-0125
アクセス:電車⇒千葉都市モノレール・JR京葉線『千葉みなと駅』下車徒歩10分 車⇒京葉道路『幕張』出口20分
地図:
営業時間:9時〜21時(但し10月〜5月までは19時まで)
定休日:年末年始
料金:大人420円 小中学生200円 小学生未満は無料
オススメ時間:夕方5時以降からは素敵な夕日と夜景が楽しめます。
公式サイトURL:http://www.chiba-porttower.com/index.html

房総フラワーライン

photo by pixta

千葉県館山から白浜までの約17キロのドライブコースです。1月中頃からは、道路両脇に千葉県の花『菜の花』が埋め尽くします。

他の時期もたくさんのお花が一面に咲き、日本の道100選としても有名です。ツーリングコースもあります。このフラワーロードは、まさに絶景のお花畑と言えるでしょう。

■詳細情報
名所:房総フラワーライン
住所:千葉県館山市房総
アクセス:国道410号線千倉漁港を過ぎると看板『房総フラワーライン』がある。
オススメ時期:1月〜3月は千葉で有名な『菜の花』の見頃
参考サイトURL:http://www.city.tateyama.chiba.jp/shoukan/page003646.html

崖カフェ

千葉でも一番と言っても過言ではない、空と海しか見えない絶景カフェです。残念ながら2015年9月でしばらくカフェはお休みになっています。

その他施設は利用できるということですので、是非足を運んでみてください。

■詳細情報
住所:千葉県いすみ市岬町和泉2404-21
アクセス:電車で来られる場合は、外房線「太東駅」から徒歩40分、タクシーで10分弱
地図:
連絡先:050-7551-2238 [月・火・金~日]CAFE 11:00~17時
食べログ:http://tabelog.com/chiba/A1207/A120702/12031466/

大山千枚田

photo by pixta

「東京から一番近い棚田」として知られている大山千枚田。日本原風景とも言える棚田が広がる風景が見られます。

田んぼの数は大小合わせて375枚。「日本の棚田百選」にも選ばれている素晴らしい光景。農業体験プログラムなども体験可能です。

■詳細情報
・名称:大山千枚田
・住所:千葉県鴨川市平塚540
・アクセス:東京から車で約90分、または最寄りバス停「釜沼」から徒歩約20分
・地図:
・営業時間:09:00~16:00
・定休日:火曜日(祝日の場合は翌日が休業)
・電話番号:04-7099-9050
・料金:見学無料
・公式サイトURL:http://www.senmaida.com/about_senmaida/

小湊鉄道

photo by pixta

古くから千葉の絶景スポットとして有名なのが、菜の花畑の中を走るローカル鉄道「小湊鉄道」のコラボレーションでしょう。

本当に素敵な風景ですよね。場所によっては桜も楽しめるということで、春の時期には本当に多くの人が訪れます。

■詳細情報
・名称:小湊鉄道
・住所:小湊鉄道沿線
・アクセス:始発駅五井駅まで千葉駅から普通電車で20分
・見ごろ:例年3月下旬~4月中旬
・公式サイトURL:http://www.kominato.co.jp/

濃溝の滝(清水渓流広場)

photo by pixta

近年、SNSやテレビや雑誌などで紹介され、人気急上昇中の千葉県の絶景スポット「濃溝の滝」(のうみぞのたき)。

千葉県にこんな神秘的な場所があっただなんて驚きですよね。まるでジブリの世界のようという声が出るのも分かります。洞窟の中から陽の光が差し込む風景は3月・4月・9月・10月の早朝に現れやすいそうです。

■詳細情報
・名称:濃溝の滝(清水渓流広場)
・住所:千葉県 君津市 笹
・アクセス:JR上総亀山駅からデマンドタクシー(要予約)で約15分
※週末はかなり混んでいるので車より公共機関がおすすめです。
・地図:
・営業時間:見学自由
・定休日:見学自由
・電話番号:439-56-2115(君津市観光協会)
・料金:見学自由
・公式サイトURL:http://www.kimikan.server-shared.com/ivent/kimikan-ivent-spot-shimizukeiryuuhiroba-taki.html

洲崎神社

photo by pixta

洲崎神社(すのさきじんじゃ)は、神武天皇の時代に創建されたと言わる御手洗山の中腹にある神社です。源頼朝が源氏再興や、妻政子の安産を祈願したとも伝わる頼朝ゆかりの神社でもあります。

絶景ポイントはこの洲崎神社の鳥居から見える風景。条件が合えば、この鳥居から富士山をのぞむことができるのです。夕景時はまた情緒があって、最高の景色でしょう。

■詳細情報
・名称:洲崎神社
・住所:千葉県館山市洲崎1344
・アクセス:JR館山駅から車で約20分、または最寄りバス停「洲の崎神社前」から徒歩約5分
・地図:
・営業時間:拝観自由
・定休日:年中無休
・料金:拝観自由
・公式サイトURL:http://www.sunosaki.info/

鹿野山九十九谷展望台

photo by pixta

鹿野山の南東にある、九十九谷展望台からの景色ははまさに絶景。もちろん昼間の天気が良い日も素晴らしいのですが、一度は見てみたいのが雲海が広がっている水墨画の世界のよう瞬間です。

まるで仙人が住む蓬莱山のようですよね。「ちば眺望100景」「君津市の次世代に伝えたい20世紀遺産」にも選ばれている光景です。

■詳細情報
・名称:鹿野山九十九谷展望台
・住所:千葉県君津市鹿野山東天峪119-1
・アクセス:最寄りバス停「神野寺」から徒歩約15分
・地図:
・営業時間:見学自由
・定休日:年中無休
・雲海出現シーズン:秋から冬の早朝
・電話番号:0439-56-1325 (君津市観光課)
・料金:見学自由
・公式サイトURL:http://www.city-kimitsu.jp/kanko/spot/manabu/99tani-unkai.html

印旛沼(西印旛沼)

photo by pixta

なんとも神秘的な風景でしょう。これは印旛沼の早朝の風景です。段々と太陽があがり、夜から朝に代わる瞬間のグラデーションはまさに神秘の世界ですよね。

また、朝日が周りを照らし始めると辺りはオレンジ色に染まり、この朝焼けの瞬間も何とも言えない感動のとき。一度に二度美味しい絶景体験が見られる場所です。

■詳細情報
・名称:印旛沼(西印旛沼)
・住所:千葉県佐倉市臼井田2714(佐倉ふるさと広場)
・アクセス:最寄りバス停「佐倉ふるさと広場」からすぐ
・地図:
・営業時間:見学自由
・定休日:見学自由
・電話番号:043-486-6000 (佐倉市観光協会)
・料金:見学自由
・公式サイトURL:http://inba-numa.com/
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング