ライター

グローバルに活躍すべく、米国公認会計士を取得。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプです。 「つめこみトラベラー」という旅行記ブログを運営中。YouTubeで旅行vlogも始めました。

5. コーダリー(CAUDALIE)

Photo by maho

フランスのボルドー地方といえばワインで有名な場所。ボルドー地方のブドウ畑から生まれたのがコーダリーというブランドです。ぶどうに含まれたポリフェノールが、抗酸化作用をもたらし肌に良い効果を与えるのだそう。

気軽に色々と試すことができるトラベルセットを、現地調達して使うのもオススメ。このセットには化粧水、乳液、シャンプー、ボディソープ、ボディローションが入っています。ポーチ入りなので帰国してからも使えますし、ギフトにもぴったり。

 

6.メルヴィータ(Melvita)

Photo by maho

みなさんはアルガンオイルをご存知でしょうか?モロッコなどの土地にある、希少なアルガンの木の実をすり潰してそこから取れるオイルを指します。

食用や美容用がありますが、このアルガンオイルは非常に保湿力が強くとても肌に良いとされており、近年人気が高まっています。

 

高級なアルガンオイルで人気のブランドがメルヴィータ。パッケージに「Hulle d’ Argan」と書いてあれば正解です。

その特徴はなんといってもフランスらしい、女子力あふれるパッケージ!かわいいもの好きな女子への贈り物にはイチオシです。

 

7. MARVIS(マーヴィス)

 

View this post on Instagram

 

Marvis ®︎ Official Partnerさん(@marvisjapan)がシェアした投稿 – 2018年 9月月21日午前12時47分PDT

こちらはフランスではなくイタリアの歯磨き粉ブランドだそうですが、お手頃価格でたくさんのフレーバーが出ており、パッケージもおしゃれなのでお土産に最適です。

筆者はジャスミンミントとシナモンミントのフレーバーを使用しましたが、どちらも癖が強すぎず万人ウケしそうでした。為替レートによっては日本の半額から3分の1ぐらいの値段で購入できるようで、とってもおすすめ!

 

たくさん買えば免税も!お得にコスメを楽しもう

上記でご紹介した他にも、ラロッシュポゼやロクシタンなど、掘り出し物のコスメはたくさん。日本のドラッグストアでもお馴染みドイツの入浴剤「クナイプ」の、日本では買えない香りの入浴剤などもたくさん売られているので、筆者はよく購入して帰ります。

購入金額が一定額を超えると、VAT Refund(税金還付、購入金額の12〜13%程度)のサービスが受けられます。

 

こちらは店頭で購入時にパスポートの提示と、空港の出港時に還付のための手続きが必要です。シティファルマには外国人の買い物客がたくさんいるので、「タックスリファンド(英語)」または「デタックス(フランス語)」と伝えれば、またはパスポートを見せるだけでも通じるのではないかと思います。

空港での手続きも、近年は簡素化されて、以前よりだいぶハードルが低くなりました。たくさん買ってお得にコスメを楽しみましょう!

■詳細情報
・名称:Citypharma(シティファルマ)
・住所:26, rue du Four, 75006 Paris
・アクセス:メトロM10「Mabillon(マビヨン)駅」より徒歩約5分
・公式サイトURL:https://pharmacie-citypharma.fr/
・営業時間:8:30~20:00(土9:00~) 定休日:日祝
ライター

グローバルに活躍すべく、米国公認会計士を取得。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプです。 「つめこみトラベラー」という旅行記ブログを運営中。YouTubeで旅行vlogも始めました。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング