ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

早速、国境を示す看板を見つけて、私は大興奮!その横を、何事もなかったかのように、チェコ人やポーランド人が通り過ぎて行きます。

ポーランドとチェコはシェンゲン圏に入っているので、パスポートチェックなしで国境越えができます。

 

登山をすると友情が深まる

10655174_785002924854565_3418789805585514762_o

Photo by 新田浩之

先程も書いたとおり、スニェシュカ山への登山は現地の友人(ポーランド人)と一緒に登りました。実は友人とはインターネットで知り合い、実際に会ったことがなかったのです。最初はお互い手探りでしたが、「山に登る」という共通の目標があったので、次第に話が弾みました。

下山の際には一緒にキノコ狩りをし、楽しい時間を過ごすことができました。このように、登山は初対面の友人であっても、楽しく友情を深めることができるのです。

 

海外で登山をする際の注意点

10626612_785001861521338_7427873675540765570_n

Photo by 新田浩之

最後に、海外で登山をする方へワンポイントアドバイス。海外で登山をする際は標高はもちろんのこと、登山道の様子も確認しましょう。

私は体育が極めて苦手(体育の成績は万年2です!)なので、「標高1,602m」という文字に震えていました。しかし登山道はなだらかで、日本の山よりも楽でした。

ここでも、海外と日本の違いを認識することが大切でしょう。

 

最後に

いかがでしたか。ぜひ、海外旅行に行かれた際は登山にチェレンジしてみましょう。登りきった後の達成感は、また日本の登山とは異なる感動が得られます。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング