ライター
Ayano 旅する女将

外資系CAとして10年間勤務した後、東京の離島、神津島で宿「みんなの別荘ファミリア」をオープンし、奮闘中。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周、航空業界と人生が旅に染まっていき、旅人を迎える側になった今でも旅に出るのはやめられない。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"。LAとマカオに居住経験あり。

ストロイエの最寄り駅コンゲンスニュートウ駅からメトロで4駅、ファサンヴァイ駅から徒歩10分にある、「ロイヤルコペンハーゲンアウトレットファクトリー」がオススメです!

 

ロイヤルコペンハーゲンの食器や、ジョージジェンセンのインテリア雑貨のB級品が正規定価の20%引き程度で購入できちゃいます。

筆者もこちらで食器を購入しましたが、店内に所狭しと積み上げられた食器たちはB級品とは見た目では差がわからないだけでなく、20%よりもっと値引きされているのではないかな?という印象でした。

この機会に今使っている食器をアップグレードさせるも良し、プレゼントにも喜ばれる立派な品々だと思います。

 

インテリアと食器を楽しめるカフェ

9035387153_97bc30759a_b

Photo by  goodiesfirst

5684696558_53d04a9f6a_b

Photo by IK’s World Trip 

購入しなくてもデンマークのインテリアを楽しみたい!そんな方に是非お勧めしたいのが、ストロイエのロイヤルコペンハーゲンの旗盤店の近くにある「ロイヤル・スムシ・カフェ」です。

こちらのお店で使われているほとんどの食器がロイヤルコペンハーゲンのもので、デンマーク伝統のオープンサンドであるスモーブローと寿司のサイズにヒントを得たと言われる「スムシ」が名物です。

 

テラス席もあり、お花やインテリアもとっても可愛く飾られています。

また、インテリア雑誌なども置かれているので、ゆっくりとお茶を飲みながら、インテリアの構想を練るのもいいかもしれませんね。

 

まとめ

shutterstock_197408744

Photo by shutterstock

いかがでしたか?雑貨や食器はデザインも値段も様々です。迷ってしまうほどたくさんありますが、きっとあなたにぴったりのときめく雑貨に巡りあえるのではないでしょうか?

アクセスも良いのでヨーロッパ各国からちょっと足をのばしてみてもいいですね。

ライター
Ayano 旅する女将

外資系CAとして10年間勤務した後、東京の離島、神津島で宿「みんなの別荘ファミリア」をオープンし、奮闘中。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周、航空業界と人生が旅に染まっていき、旅人を迎える側になった今でも旅に出るのはやめられない。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"。LAとマカオに居住経験あり。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング