終電帰りの毎日に捧げる。癒しの田舎映画7選

Pocket はてブ

5.私の優しくない先輩

イリオモテ ヤマコ、16 歳の高校生。小さな島に引っ越して来た。ヤマコはこの島が好き。だけど一番の理由、それは・・・大大大好きな南先輩に会えること。
生まれつき心臓が悪いヤマコは、毎日先輩と会えるだけで楽しい。・・・だけど。ヤマコには天敵がいた。クサくて、ウザくて、キモい、不破(フワ)先輩。ある日、その不破先輩にラブレターを拾われてしまった!その上勝手に、「告白大作戦」を始めることに・・・。
出典:公式サイトより

ロケ地情報(千葉県・茨城県・埼玉県舞台作品)

■詳細情報
「西伊豆町大田子海岸」
下校風景で撮影された場所。映画のクランクインもここから始まったのだとか。
・住所:〒410-3515 静岡県賀茂郡 西伊豆町田子

アニメーションにダンス、ミュージカルと、とにかくいろんな演出が混ざった奇妙で楽しい作品です。直球な恋愛模様も見所。

賛否両論ですが、日常のしがらみから解放されて何も考えずに観たい人にはぴったりの映画です。

 

6.百万円と苦虫女

鈴子は短大を卒業して就職もできずに、しかたなくアルバイト生活を送っているどこにでもいる女の子。どうにかしてこの生活を変えようと考えている中、ひょんな事件に巻き込まれてしまう。「百万円貯まったら、この家を出て行きます!」と家族に宣言し、百万円を貯めるたびに次から次へと引越しをして、1人で生きて行く決心をする。
出典:Amazonより

ロケ地情報(千葉県・茨城県・埼玉県舞台作品)

おススメ写真付きロケ地サイト

人との出会いと別れの中で「生きていく」こと、最初の一歩を踏み出す「苦しさ」を描いた人間ドラマ。シーンや角度によって表情を自在に変える蒼井優さんの演技力にも注目してみてください。

 

7.歩いても歩いても

ある夏の日、元開業医の横山恭平とその妻とし子が2人きりで暮らす家に、次男の良多と長女のちなみがそれぞれの家族を連れてやって来る。何気ない団欒のときを過ごす横山一家だったが、この日は15年前に亡くなった長男・順平の命日だった……。
出典:http://eiga.com/より

ロケ地情報(三鷹市、葉山町、横須賀市、平塚市舞台作品)

おススメ写真付きロケ地サイト

家族の在り方と静かな幸福、人の死について考えさせられる作品です。樹木希林さんの圧倒的な存在感も見所。

冒頭の家族団欒の食事シーンになぜか羨ましさを感じてしまうほど、心に染み渡るものがあり、「家族とは」をひしひしと感じてしまいます。

 

まとめ

毎日決められた就業時間、満員電車、疲れ切った顔が並ぶ終電。そんな現代社会でがんばるあなたに捧げる、癒しの映画をご紹介しました。

ぜひ、映画を観て癒された後は、ロケ地にも行って田舎の穏やかな時間を感じてみてくださいね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

映画

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品