ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

冬キャンプがキテる?高知でアウトドア


photo by Abe saxophone

キャンプと聞くと夏を想像しますが、実は「冬」がキャンプに適した季節ということをご存知ですか?虫も少なく、空気も澄んでいて星がきれいに見えることから、冬キャンプの人気が上昇しています。

そして冬のアウトドアを楽しめる場所としておすすめしたいのが、高知県。水質ランキング1位にも選ばれたこともある美しい清流、仁淀川で見られる「仁淀ブルー」が話題になっています!


photo by Abe saxophone

自然のものとは思えないほどの、鮮やかな仁淀ブルーに驚くはずです。上の写真は、有名なスポット「水晶淵」から少し歩いたところにある、名前のない絶景スポット「砂防ダム」。ぜひ自分の目で、青さを確かめてみてください。


photo by Abe saxophone

冬にテントで寝るのは少し不安……というカップルは、「スノーピーク おち仁淀川キャンプフィールド」にある「モバイルハウス住箱ーJYUBAKOー」で過ごすのはいかがでしょう?

隈研吾氏が手がけたモバイルハウスで、中は冷暖房が付いているので冬でも安心です。大きな窓が設置されているので、朝起きて、すぐ目の前の大自然を楽しめますよ。

なばなの里のイルミネーションに感動


photo by pixta

冬といえば、やはりイルミネーションは欠かせません。三重県の「なばなの里」は国内最大級のイルミネーションが有名で、3年連続「イルミネーションランキング」第1位に選ばれたこともあります。


photo by pixta

10月から5月まで開催されているので、紅葉や桜など季節ごとの桜と一緒にイルミネーションを楽しめます。毎年テーマが変わるので、そこも見所の一つ。


photo by pixta

200m続く光のトンネル「華回廊」は「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に選ばれたことも。大好きな彼氏・彼女と見たらロマンチックな雰囲気になること間違いなしです。きっと、二人の幸せな思い出になるはず。

冬もカップル旅行を楽しもう

冬だからこそ、カップルで楽しめる国内の旅行先はたくさんあります。オンシーズンからズレていることから、人混みを避けて観光できることも魅力の一つです。

冬にこそ、二人で楽しい旅行を楽しんでくださいね。

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング