ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

フヴァル島

photo by shutterstock

フヴァル島はリゾートアイランドです。フヴァル・タウンとスターリ・グラドが二大観光地で、フェリーでスプリットから約1時間、ドゥブロヴニクから約3時間10分で行くことができます。

ムリェト島とボル島は自然を楽しむ島ですが、フヴァル島では大聖堂や要塞など、街並みを観光できます。レストランやバーもたくさんあります。

photo by shutterstock

またフヴァル島はラベンダーでも有名です。島の内陸にはラベンダー畑が広がり、毎年6月下旬にラベンダーフェスティバルがあります。

 

ビシェヴォ島

photo by shutterstock

青の洞窟といえばイタリアのカプリ島が有名ですが、実はクロアチアのビシェヴォ島にもあるのです。ビシェヴォ島にはスプリットからフェリーで約1時間20分で行くことができます。

ただし島内には宿泊できません。スプリット、フヴァール島、ヴィス島から、青の洞窟ツアーが出ています。中でもヴィス島からが一番近くて安く、また緑の洞窟など他の名所にも行きやすいためオススメです。

洞窟の入口が狭いため、波が高いと入れません。6~8月は90%、4・5・9・10月でも50%の確率で入れるとのことなので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

Photo by ほさかまき

クロアチアはシェンゲン協定圏外の国です。島巡りをしながら、紺碧のアドリア海を思う存分楽しんでみてはいかがでしょうか。冬季はホテルやレストラン、お土産屋さんが閉まっていることもあるため、5~10月に行くのがオススメです。

各島へはドゥブロヴニクあるいはスプリットからの所要時間を記載しましたが、島間の移動もできます。島間を運行しているフェリーは夏季とそれ以外でタイムスケジュールが異なるため、注意が必要です。

Croatia Ferriesホームページ http://www.croatiaferries.com/

\オトナフォトジェンヌほさかまきの世界一周連載はこちらから!/

ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング