ライター
ゆんたく フリーライター

日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

クラ・フランダ博物館(Kurahulanda Museum)

「クラ・フランダ博物館」は、かつてキュラソー島に存在していた奴隷制度についての資料や、アフリカの工芸品などが収められた資料館。館内には、かつての奴隷船の複製や遠くアフリカから奴隷として連れて来られた人々の歴史についての資料が並びます。

■詳細情報
・名称:クラ・フランダ博物館
・住所:Klipstraat 9, Willemstad, Curacao
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約19分
・営業時間:9:00~16:30
・定休日:日曜日
・電話番号:+5999434 77 65
・料金:大人 17.80ANG. または$10USD
・公式サイトURL:http://www.kurahulanda.com/museumx

 

シニア商会(Senior & Co./Curaçao Liqueur Distillery)

キュラソー島でリキュールが作られるようになったのは、オランダ領となる前に入植したスペイン人がバレンシアオレンジの苗を持ち込んだことがきっかけでした。

そのとき実った果実は食べることができなかったものの、そのまま野生化し育ったオレンジの皮を使って、リキュール作りを成功させたのが エドガー・シニア氏。

 

「シニア商会」では、リキュールの製造工程を見学できるほか、試飲も可能。敷地内のバーではカクテルも楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:シニア商会
・住所:129 Schottegatweg Oost, Willemstad,
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約18分
・営業時間:8:00~17:00
・定休日:土・日
・電話番号:+599 9 461 3526
・公式サイトURL:https://www.curacaoliqueur.com/brand/distillery-tour

 

ジャン・ティエル・ビーチ(Jan Thiel Beach)

美しい白砂に、屋根付きのベッドやチェアが並ぶ「ジャン・ティエル・ビーチ」は、マリンアクティビティを楽しむというよりも、海と空を眺めながらカクテルを片手にのんびりと過ごしてほしい場所。波や風の音を聞きながらリラックスできる場所です。

■詳細情報
・名称:ジャン・ティエル・ビーチ
・住所:Jan Thiel, , Curacao
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約30分
・電話番号:+5999747-0633
・公式サイトURL:https://www.curacao.com/en/directory/do/beaches/jan-thiel-beach/

 

Shete Boka National Park

こじんまりとした島ながらもいくつもの表情を持つキュラソー島。穏やかなビーチとは対象的な、キュラソー島のダイナミックな自然を見られるのが「Shete Boka National Park」。海岸の岩場に衝突した波が吹き上がる姿は圧巻です。

■詳細情報
・名称:Shete Boka National Park
・住所:Boka TablaWillemstad, Curacao
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約33分
・電話番号:+599 9 864 0444
・料金:10ANG.
・公式サイトURL:http://www.carmabi.org/

 

Queen Juliana Bridge

キュラソー島のランドマーク的な存在「Queen Juliana Bridge」は、港に入る大型クルーズ船の邪魔にならないように高い位置に作られた橋。高さは56.4mで、橋の上は周辺の街並みや海をぐるりと見渡せるビューポイントになっています。

■詳細情報
・名称:Queen Juliana Bridge
・住所:Willemstad, Curacao
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約16分
・公式サイトURL:http://www.iscuracao.com/dushi/historical/90-the-majestic-queen-juliana-bridge

 

クリストッフル公園(Christoffel National Park)

Tony Iさん(@tji_72)がシェアした投稿 – 2017 2月 8 3:49午後 PST

平野が多くビーチリゾートや観光スポットが点在する北部に比べ、キュラソー島の南部は、 丘陵地帯と岩場が続く地域です。「クリストッフェル国立公園」は、そんなキュラソー島の自然保護区に整備された公園。

敷地内では、キュラソージカやキュラソーメンフクロウなどの固有種をはじめ、フラミンゴやペリカンなどの熱帯鳥類、大型イグアナの姿を間近に見ることができます。

■詳細情報
・名称:クリストッフル公園
・住所:Christoffel National Park, Curacao
・アクセス:ハト(キュラソー)国際空港から車で約36分
・営業時間:6:00~15:00
・定休日:無休
・電話番号:+599 9 864 0363
・料金:大人Nafl. 25.00 oまたは$14.50USD
・公式サイトURL:http://www.christoffelpark.org/

 

ビーチとダイナミックな自然を楽しもう

キュラソー島についてご紹介しました。日本では、まだあまり知られていない場所ですが、ビーチリゾートとダイナミックな自然の両方が楽しめる島。カリブ海に位置することから暑いイメージがありますが、年間平均気温が27度と過ごしやすい場所なんです。機会があったらぜひ訪れてみてください。

ライター
ゆんたく フリーライター

日本とアジアを旅したあと、沖縄に移住。現在は、台湾在住です。アジアの路地裏から日本の離島の自然まで、好きなものを求めて旅しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング