世界一周初日。当時24歳のわたしが、搭乗拒否をくらって空港で大号泣した話

Pocket はてブ

そんなこと言ってなかったのに!と思いつつも、反論したとて返ってくる答えは予測できたので、仕方なく再び列を離れてアウトの予約を取ることに。

アメリカのどの地域を巡るか、いつ出国するのかも勿論決めてなかったのに、プランを組まなければならないのでどうしようと思いながらも、窓口締め切り時間が近づいてきました。

 

空港で大きな世界地図を広げる

suitcase-79018_1920

photo by pixabay

今思えば事前にきちんと下調べしておけば良かったのですが、もうそんなことを言ってられません。

調べる時間があれば予約をしよう!と、急かされた状況の中、大きな世界地図を広げながら、飛行機予約のアプリとにらめっこ。地図を見ながら、とりあえずアメリカを出国したらメキシコの首都へ渡るチケットをブッキングしました。

 

そして予約を取り終えた私は、人も少なくなった三度目の列へ並び、状況と予約したチケットの提示をして一息。これで大丈夫だなんて思っていると、信じられない、いや信じたくない言葉を突きつけられました。

「メキシコも同じくアウトが無いと駄目です。北米の隣国以外でなければ駄目です。」

 

聞いてない!!!!!

血の気が引いたような気持ちになりながらも、もうここまでくると、そのことに対して意見する気力さえありません。

お互いがどうしようもない状況で、冷静に、「締切まで5分ですよ、急いで。」と伝えられました。

 

窓口締め切られて空港で大号泣

woman-1006102_1920

photo by pixabay

もうこの時には脳内パニック。

どうしよう!と叫んでいる時間も惜しみながらも、世界の地理が全く分からない私は再び地図を広げ、一気に北米のコロンビアへ飛ぼうと、ネットを繋げて予約しようとここ回線が込み合って中々完了画面になりません。

 

もう駄目だと思いながら、列無き通路を抜け走ったものの、オンタイム。窓口締切の看板を置かれ「Sorry,you can not」と伝えられ、奥へ入っていかれました。

絶望感とはこのことか。反論の言葉も出ず、涙止まらず。

 

旅に出るか、このまま日本へ帰国するか。

directory-466935_1280

photo by pixabay

シドニー空港で大号泣しながらも、1分後にはなんだか面白くなっていた私が居ました。あぁ、旅のトラブルってこういうものやな、と。

このまま日本へ帰国することも頭をよぎったのですが、中途半端に予約してしまった飛行機もありますし、ずっとこの日を心待ちにしていたので、意地でも今日旅へ出発する!と、予定を変えることなく、北米カナダへ飛ぶ決断をしました。

 

止まらない鼻水を押さえながら、空港内にある旅行会社へ入り、状況を説明しました。

お姉さんに慰められながら、今日中に出発できるカナダ行きの飛行機を調べ、同時に私の予約した飛行機を全て確認して、問題ないことをチェックした後に送り出してくれました。

 

外は大雨、無事に予約出来たこともあり、どっと疲れがきてそのまま空港で待機。次なる便の搭乗手続きは問題なく終え、難なく出国し、無事に搭乗することが出来ました。

 

まとめ

出発の日にくらった搭乗拒否、そうして私の世界一周の旅が始まりました。

この一連のトラブルが起こった後に、世界一周中の旅人ブログを読み込んだり、旅先で出会った仲間らに話を聞いて対策等を知ったのですが、時既に遅し。そんなこともあったなと、今となれば笑い話です。

北米から世界を周ろうと考えているバックパッカーの皆さん、そうでない方も、初めの第一歩はいつもよりも慎重に念入りに。私のように搭乗拒否くらわないようにしてくださいね。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

松井佑有
初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

世界一周経験者の記事

FEATURED特集

特集一覧へ