writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

そもそも本場のフォーの麺の量は日本の一般的な麺料理と比べて少なめで、代わりに大量の野菜が盛り付けられています。

そのため、たくさん食べられて満足感があるのに、最終的なカロリーはかなり低く抑えることができます。

 

また、フォーに盛り付けられているパクチーやハーブには、美肌効果のあるビタミンC、老化防止効果のあるビタミンEなどが含まれています。

そのため、ただダイエットするだけでなく、美しくダイエットをする手助けをしてくれそうです。

 

バンバンジー 中国

s_pixta_965805_M

photo by pixta

中華料理にはダイエットに向かない高脂肪、高カロリー、高糖質の料理も多いですが、反対に低脂質、低カロリー、高たんぱくのダイエットに適したメニューも少なからず存在します。

中でも『バンバンジー』はダイエットに最適なレシピのひとつ。

 

日本だと細切りにしたきゅうりの上に蒸した鳥を乗せて、ゴマだれでいただくスタイルが主流です。鶏肉はただでさえ高たんぱく、低資質な食材ですが蒸すことでより余分な脂肪が抜けヘルシーになります。

また、きゅうりには脂肪を分解する酵素(ホスホリパーゼ)が含まれているため、よりダイエット効果を高めてくれます。

 

カレー ※日本のカレー以外

8170948596_071bc2400c_b

photo by  sara marlowe

カレーに含まれる多くのスパイスはダイエット効果を高めてくれます。

例えば、クミンには脂肪を燃焼させる効果があり、ターメリックにはコレステロールを低下させる効果があります。そのため、カレーはダイエットに適した食べ物といえるのです。

一般に日本のカレーはダイエット向けのメニューとは言えません。日本のカレーにはとろみを出すために大量の小麦粉が使われておりカロリーが高いのです。

 

とはいえ、世界のカレーには小麦粉でとろみがつけられるものはあまりありませんし、海外ではチキンカレーやベジタブルカレーなどが発達した地域が多く、具材のカロリーも低く抑えられていることが多いです。

そのためダイエット中にカレーが食べたくなったら、インドカレーやタイカレーなどのスパイスが利いた本場のカレーを選ぶべきでしょう。

 

まとめ

世界にはたくさんの食べものがありますが…ハンバーガーやピザ、フライドチキン、ビールなどなど、おいしいものほど食べたら太るものばっかりです。

でも、どんなものにでも例外はあるもの。今回はその例外に注目しました!紹介した料理はどれもおいしいものばかりです。

楽しく、おいしく、ダイエットをしましょう。そして、ダイエットが成功したあかつきにはいっぱい好きなもの食べちゃいましょう!

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事