writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

8. Zuknow

無味乾燥な英単語学習からサヨナラしたい方は「Zuknow」をダウンロードしてはいかがでしょうか。このアプリはゲームを通じて単語が覚えられるようになっています。4択クイズで全国のライバルと競うこともできますよ。ゲームに熱中している間に単語を覚えてしまうでしょう。

 

zuknow - 友だちとクイズで競える学習アプリ

zuknow – 友だちとクイズで競える学習アプリ
開発元:BizReach, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

9. ウィズダム英和・和英辞典2

e-9

Photo by 新田浩之

何だかんだ言っても、英語学習に辞書は必須アイテムです。「ウィズダム英和・和英辞典2」をダウンロードすると、いつでもスマートフォンから分からない英単語が検索できます。英和・和英の両方で2,900円はかなりお得ではないでしょうか。

 

ウィズダム英和・和英辞典 2

ウィズダム英和・和英辞典 2
開発元:物書堂
¥2,900
posted with アプリーチ

 

10. POLYGLOTS

最後に紹介するのは無料で様々な英語学習ができるアプリ「POLYGLOTS」です。このアプリを使うとニュースから洋楽まで、様々な角度から英語を楽しく学習することができます。まさしく「何でもござれ」と言えるような英語アプリですね。

 

英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)

英語リーディングアプリPOLYGLOTS(ポリグロッツ)
開発元:POLYGLOTS inc.
無料
posted with アプリーチ

 

11. 英会話アプリ – AI英会話ナンナとのスピーキング英語学習


最近何かと話題になっている人工知能・AI。ついに、AIが英会話アプリの世界にもやってきました。このアプリはAIのアンナさんと英会話の練習ができます。スタイルとしてはアンナさんが質問をあなたに投げかけ、それに答えていきます。

このアプリは英語辞典「Weblio」が作成したもの。したがって、安心して英会話の練習に取り組めます。

英会話アプリ - AI英会話ナンナとのスピーキング英語学習

英会話アプリ – AI英会話ナンナとのスピーキング英語学習
開発元:Weblio
無料
posted with アプリーチ

 

12. 英会話SpeakBuddy


英会話SpeakBuddyはかわいらしいAIキャラクターがウリのアプリ。回答によって、キャラクターの表情が次々と変化します。そのため、人間と会話しているように感じるのではないでしょうか。

このアプリは教育ランキング1位を4回獲得した開発人が作りました。したがって、使いやすさ、英会話の上達は折り紙つきです。

英会話SpeakBuddy

英会話SpeakBuddy
開発元:appArray Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

13.8-STEP英会話


日常生活を英会話漬けにするならこのアプリです。日本と同じく英語学習に熱心な韓国のApp Storeでも高い人気を誇ります。iphoneの機能を利用しながら英会話学習ができます。

しかも、デザインがシンプルなので操作性に優れているのも大きな特徴。また、実用性の高い表現が次々と登場するので、実践的な英会話アプリといえるでしょう。有料のアプリですが十分に元が取れます。

8-STEP英会話

8-STEP英会話
開発元:Woori Kim
¥360
posted with アプリーチ

 

最後に

今回紹介した英語アプリはほんの一部。他にも数え切れないほど多くの英語アプリがあります。いろいろ調べて、自分に合ったアプリを選んでみましょう。

 

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集