ライター
川原 圭介 ゲストハウス経営を夢見る大学生

将来ゲストハウス経営を夢見る大学生。 現在は、東洋大学の3年生。小学校から高校まで野球をしており、根っからの野球好き。TABIPPO唯一の東北人。岩手県出身なのに寒いのが苦手。猫派。好きなものは、カレーライスとお酒。汗っかきの冷え性。

ホテルで迷惑だと思う人の1位は「近隣の部屋で会話等がうるさい人」でした。ゆっくりしたいのにうるさくて寝られないのは誰もが迷惑なことですよね。2・3位も音に関する理由なので、日本人は音に敏感なのかもしれませんね。

 

チップ文化のない日本人はチップを払う?

expedia_resarch_of_hotel4

多くの国では当たり前の文化である”チップ”ですが日本人は払わないと答えた人が約6割でした。比較してもわかる通り、ランキング最下位でした。きれいにしてもらうことが当たり前だと私自身も感じていますが、より良いサービスを受けるためにはチップを払うべきだと各国の人は考えているそうです。

 

アメニティグッズは必需品?それとも、ぜいたく品?

expedia_resarch_of_hotel5

ルームサービスは必需品?ぜいたく品?という質問で6割近い人が「ぜいたく品」と回答しました。確かに普段使わないようなグッズもそろえているところもあり、ぜいたくと感じる人も少なくないと思います。

ですが世界と比べてみると、上位4か国が8割以上「必需品」という回答になりました。ルームサービスも国によって捉え方が違うというのが分かります。

 

ホテルを選ぶ条件でアジア各国は「無料WiFi」と回答。

expedia_resarch_of_hotel6

ホテルを選ぶ条件として日本人は「価格」に注目していることが分かります。ですが、各国でそう答えたのはインドとアメリカだけで、そのほかのアジア諸国は「無料Wi-Fi」で選んでいると回答しています。

 

日本人は洗面グッズを重視!やはりトップは「無料Wi-Fi」

expedia_resarch_of_hotel7

日本人が一番重要氏しているのは「洗面・化粧品グッズ」になりました。先ほどの質問と同様、日本人と洗面グッズが大好きなことが分かりますね。ですが、先ほどの質問と変わった回答をしている国も多いです。特にシンガポールは、「室温調整ができる」というほかの国にはない回答をしました。

 

洗面グッズの持ち帰りは日本は上位ランクイン!

expedia_resarch_of_hotel9

ホテルに宿泊する際に経験があることについて質問してみると、洗面グッズの持ち帰りが1位という結果になりました。

expedia_resarch_of_hotel8

all photos by expedia japan

また、2位は廊下の音を目覚める3位は同じタオルを1回以上使用するとなりました。日本人は洗面グッズ好きなのが他国と比較してもわかりました。

ライター
川原 圭介 ゲストハウス経営を夢見る大学生

将来ゲストハウス経営を夢見る大学生。 現在は、東洋大学の3年生。小学校から高校まで野球をしており、根っからの野球好き。TABIPPO唯一の東北人。岩手県出身なのに寒いのが苦手。猫派。好きなものは、カレーライスとお酒。汗っかきの冷え性。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング