ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

おすすめはクレジットカードとカードのキャッシングを使い倒すこと

photo by shutterstock

おすすめのやり方はクレジットカードを使い倒すことです。次の両替が必要な場合はクレジットカードのキャッシングサービスの利用をおすすめします。

キャッシングサービスとは簡単に書くと借金をすること。カードをATMに入れると、現地通貨を入手でき、両替の手間が省けます。

ですが、読者の中には「借金」という言葉に反応するかもしれません。確かに、手数料や金利が発生しますが、それらを差し引いてもキャッシングサービスのほうがお得です。

たとえば、1万円分を引き出しても1ヶ月の金利はわずか150円! そして手数料も500円以下です。もちろん、クレジットカードによって手数料や金利は変わってくるのでチェックしてください。

photo by pixta

なるべくキャッシングの回数を少なくするのもコツですね。このあたりは現地の物価と睨みながら考えるもの。旅人の力量が問われます。両替をネタにして、電卓を片手にホステルで旅人を交流するのもおもしろいですよ。

そして、使えるのであればカード払いにするのがコツ。カード払いですと手数料は不要ですし、ポイントも貯まります。ヨーロッパでは主要観光地や首都であればクレジットカードの利用は可能。どんどん、クレジットカード払いにしてください。

 

さて、キャッシングサービスで一点だけ注意点があります。それはきちんとATMの画面で引き出す金額を確認すること。私はハンガリーで両替した際、数字の桁数を誤り、10万円分の現地通貨を引き出したことがあります。その大半をユーロに両替しましたが、手数料が無駄になったことは言うまでもありません。

 

記念紙幣はチェックすべし

これは旅の「損得」には直接、関係がない話です。たまに、露店に行きますと、現地通貨の記念紙幣が販売されていることがあります。国によっては消滅した紙幣が出回っている場合も。このような特別な紙幣がある場合は1枚でもいいので購入してください。

お金のコレクターは簡単に入手できない通貨は喉から手が出るほど欲しいもの。そのような人に販売すれば、いい小遣いになります。紙幣を通じて、その国の文化や歴史もアピールできるので、現地の人にとっても悪い話ではないと思います。

私は上記の理由でこのような紙幣は必ず購入します。もちろん、買い過ぎは税関で引っかかるので厳禁。あくまでも少額でとどめておきましょう。

 

少々、話は脱線しましたが、ユーロ以外のヨーロッパのマイナー通貨はなかなか興味深いもの。そんなマイナー通貨と賢く付き合って、お得に楽しく旅行してくださいね。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング