ヨーロッパに移住して直面する「現実」

Pocket はてブ

その意味でヨーロッパでの生活には常に一定の緊張感が伴いますし、ある程度の緊張感を維持することが必要でもあります。

 

ヨーロッパでの生活は意外に不便

IMG_2671

Photo by Harubobo

暮らす国や都市にもよるので一概には言えませんが、日本ほど便利な国はそうそうないのが現実です。

私が暮らすドイツでは、日曜日と祝日にはスーパーも含めほとんどのお店が閉まります。土曜日の夜遅くにトイレットペーパーがないことに気付いても、月曜日になるまで買うのは困難です。

 

公的な手続きやあらゆるサービスも日本ほどスムーズかつ快適にはいかず、何かと待たされたり気を揉まされることも少なくありません。

また、地方都市なので尚更だと思いますが、日本のように娯楽が多くないので自然と地味な生活になります。

大都市に暮らせば違うかもしれませんが、ヨーロッパでの生活は一般的に日本人が想像しているよりもずっと質素です。

 

アウェイの環境だからこそ得られるものがある

IMG_2714

Photo by Harubobo

ここまでの内容を見ると、私がヨーロッパで暮らすことをネガティブにとらえているような印象を与えてしまったかもしれません。でも、決してそんなことはありません。

ヨーロッパでの生活というとメリットや華やかなイメージばかりが先行しがちなので、なかなか見えにくいヨーロッパ生活の現実をお伝えしたかったのです。

海外で暮らす以上、日本では得られないメリットもあれば、日本での生活にはない困難があるのは当たり前。

shutterstock_386681986 (1)

photo by shutterstock

アウェイの環境に身を置くからこそ、居心地のいいホームでは絶対に得られない成長があります。

例えば「一人でカフェに入って現地の言葉語で注文ができた」。そんな些細なことでも海外生活を始めたばかり、現地語を学び始めたばかりの人にとってはちょっとした成功体験です。

 

そんな成功体験を積み重ねることで、「自分はどんな場所でもやっていける」という自信につながります。

何事にも手厚いケアやサービスがある日本とは違う自己責任の国で暮らすと、本当の意味での自立を促されるものだと実感しています。

 

おわりに

IMG_2173

Photo by Harubobo

快適な日本を離れてあえてアウェイでのチャレンジに直面してみる。それはこの先の人生においてかけがえのない財産になると思いますし、その機会に恵まれて良かったと思っています。

憧れだけでヨーロッパ移住を考えるのはおすすめしませんが、ヨーロッパ生活の大変な部分を知ったうえで、「それでもヨーロッパで暮らしてみたい!」という心意気のある方ならきっとチャレンジだって楽しむことができるはずです。

コンフォートゾーンから抜け出したからこそ、これまでとは違う新しい自分に出会えるかもしれません。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

大学の卒業旅行を機に旅にハマり、休暇のたびに海外を旅していたサラリーマン時代。 旅先の長野でドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意し、退職。 長期旅行の夢を叶えるべく、東京~ドイツ間を…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品