ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

ニース/フランス

17630242941_27c14b9e44_b
photo by Kristoffer Trolle

6302344057_b7c514e224_b

photo by Luca Nebuloni

「リヴィエラの女王」とも称されるニースのビーチ。海岸は玉砂利の浜辺となっており、シーズン中は多くの観光客でにぎわっています。

6〜9月は平均気温が25度前後と、とても過ごしやすい気候でバカンスにはぴったり。

夏のシーズンはもちろんのこと、冬の間も避寒地として人気があるのだとか。

マルセイユ/フランス

6904286877_1a5c03fdc4_b
photo by Gabriela Fab

14072730898_dc5a0d25ec_b

photo by Salva Barbera

マルセイユといったら、名物のブイヤベース。港周辺には多くのレストランが建ち並び、地中海の新鮮な魚介類とワインを楽しむことができます。

街のシンボルとも言えるノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院のテラスからは、まさに圧巻の360°の大パノラマの景色が広がります。

海岸線のドライブやクールズなども、観光客に人気だそう。

シチリア島/イタリア

14102749436_5eae0c9133_b
photo by Francesco Cirigliano

イタリアの中で一番大きな島で、映画「グランブルー」の舞台としても知られます。

シチリア海は5月半ばから海水温度が20度を超え、海水浴にぴったり。夏は乾燥していて、とても過ごしやすい気候です。

シリチアの代表的な料理は新鮮なイワシを使用したパスタ・コン・サルデや、野菜をトマトソースで煮込んだカポナータなど。食べ歩きの店も多くあり、街歩きしながらグルメを楽しむことができます。

今年の夏は海外リゾートに決まり◎

いかがでしたか?「行ってみたい! 憧れのヨーロッパリゾートランキング 」の中から、ベストシーズンが6〜9月、なおかつ遊泳可能のスポットを抜粋してご紹介しました。

グアムやハワイとは違い、ヨーロッパのリゾートには比較的日本人も少なく、より異国の雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

これから夏休みの計画を立てる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♩今年の夏は優雅にヨーロッパのリゾートを満喫しちゃいましょう♡

H.I.S.調べ 行ってみたい! 憧れのヨーロッパリゾートランキング

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング