ライター
中ポン フットワークが無駄に軽いです

2019年4月より、未経験からフリーランスライターになりました。海外旅行とテニスが大好きで、海外に観戦に行ったこともあります。大学ではスペイン語を専攻し、メキシコに1年間交換留学をしました。

③なんといっても食べ物が美味しい

photo by PIXTA
福岡って本当に食べ物が美味しいんですよね。前述のとおり福岡には10年住んでいましたが、食べ物の美味しさは今でも本当に心に残っています。豚骨ラーメンや明太子、うどんや鉄板餃子など、挙げれば本当にキリがありません。今でも旅行に行くとグルメ旅行になってしまうほどで、個人的な見方ですが福岡は食の宝庫だと思っています。

先ほど福岡は家賃が安いと説明しましたが、全体的に物価は安めです。リーズナブルな値段で美味しいものに出会えるので、食べることが好きな方にはたまらない街です。美味しいものに囲まれていると生活上の満足度も上がるので、食狙いで移住してみるのもアリだと思います。

④空港が市内から近く利用しやすい

photo by shutterstock
福岡の玄関口である福岡空港。通常空港というと海のそばにあるイメージですが、福岡空港は街の中に空港があります。そして福岡空港はなんと中心地から10分程度で着いてしまうという近さ!これは本当に素晴らしいことだと思います。地下鉄でアクセスできちゃうので、旅行の時も大体中心街でギリギリまで遊んでから空港に向かいます。

例えば移住先が福岡で実家が東京にある場合でも、トータルで計算するとそこまで時間がかかりません。国内線の数も多くなってきているので、どこへ移動するにも不自由はないです。

最初はあまりの近さに驚いてしまうかもしれません。慣れてくると空港が遠いことに耐えられなくなるでしょう。

⑤町がコンパクトで便利

photo by Kosuke Nakamura 
福岡には天神や博多をはじめとして賑やかな場所がたくさんありますが、お互いにそこまで距離が遠くないのです。つまり街自体が非常にコンパクトなので、徒歩でも動き回れます。

例えば天神と博多は地下鉄で言えば3駅ほど離れています。しかし、以前旅行で試しに天神から博多まで歩いてみたところ、30分もしないうちに着いてしまいました。天神と博多は福岡の中でも商業的なエリアなので、距離的に近いのは本当にありがたいことだと思います。

福岡は政令指定都市の一つではありますが、程よく都会なところが気に入っています。天神から博多までの間に飲食店や百貨店などさまざまなお店がありますし、非常に楽しい場所です。また、屋台で有名な中洲川端などにも中心から歩いて行ける距離にあります。ちなみに福岡は世界の主要都市でも最高クラスの交通アクセスの良さを誇るようです。

いつかは移住してみたい

photo by unsplash
実のところ、福岡の良さは5つにはとどまらないと思います。ただ、強いて挙げるとすると上記の5点になるかなと思います。

街がコンパクト、食べ物が美味しい、物価が安い、空港が近い。正直メリットしかないのでは?と考えてしまうほどです。離れてから10年以上たった今でも移住してみたいと思うばかりで、私は福岡をこよなく愛し続けています。

移住支援の相談所が東京と福岡にしかないのはデメリットかもしれませんが、移住する気持ちが固まった時にはやはり足を運んでみた方が良いでしょう。移住は金銭面の負担は非常に大きいので、条件が合えば積極的に支援制度を活用してみましょう!

ライター
中ポン フットワークが無駄に軽いです

2019年4月より、未経験からフリーランスライターになりました。海外旅行とテニスが大好きで、海外に観戦に行ったこともあります。大学ではスペイン語を専攻し、メキシコに1年間交換留学をしました。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング