ドイツのクリスマスマーケット
ライター
Ayano 旅する女将

外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパッカー宿から豪華ホテルまで長期も弾丸も様々なスタイルで旅を続けている。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"LAとマカオに居住経験あり。

 

楽しみ方⑤迫力満点のクリスマスツリーやコンサート

15707843983_074507c928_b

Photo by Massachusetts Office of Travel & Tourism

 マーケットの中心になるのが、大きなクリスマスツリー。また、その周りのステージで開かれるコンサートは必見です。

他にも各地のクリスマスマーケットごとに、キャンドルナイトやクリスマスパレードなども行われ、クリスマスソングを聴くことで、さらにクリスムード満点になります。

かわいい子ども達の合唱なんかは特に微笑ましいですよね。

 

ここを抑えれば間違いなし!ドイツの3大クリスマスマーケット

5207702610_e5a5369a64_b

Photo by LenDog64 

2126809489_092d033406_b

Photo by ReneS

クリスマスマーケットの発祥はドイツと言われ、ドイツ国内には大都市から小さな町まで2500以上ものクリスマスマーケットが立つといわれています。中でも人気なのがこの3都市!

 

世界一有名な「ニュルンベルク」

世界最大の「シュトゥットガルト」

世界最古の「ドレスデン」

 

ニュルンベルクには毎年200万人もの人が訪れます。シュトゥットガルトには280もの屋台が並び、毎年最も美しい屋台を選ぶコンテストが開催されています。ドレスデンはシュトーレン発祥の地としても有名で、その歴史は1400年にもなります。

このように、ドイツ国内だけでも様々な特色を持つクリスマスマーケット。各地を巡ってみたくなりますね!

 

世界一変わったマーケット!?オランダの洞窟クリスマスマーケット

もうひとつご紹介したいのが、オランダのファルケンブルグにあるクリスマスマーケット。なんと、洞窟の中にあるのです!

洞窟の中にクリスマスマーケットがあるのは世界でここだけです。

このマーケットのいいところは、洞窟内なので、寒くない!(笑)そして、洞窟内に灯る明かりがなんとも幻想的です。運が良ければサンタさんにも会えますよ!

 

まとめ

ヨーロッパの冬の一大イベントである、クリスマスマーケット、一度は訪れてみたいですよね!11月中旬から12月24日まで開かれるので、そろそろ冬の旅の計画に加えてみてはいかがでしょうか?

 

ライター
Ayano 旅する女将

外資系客室乗務員として欧州と日本を往復しながら東京に暮らす。 18歳で初めて一人で海外へ行ったのを皮切りに、留学、インターン、世界一周と人生が旅に染まっていった。CAになる夢を叶えた今もバックパッカー宿から豪華ホテルまで長期も弾丸も様々なスタイルで旅を続けている。家族からつけられたあだ名は"飛んでるねぇちゃん"LAとマカオに居住経験あり。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング