ライター
篠原 輝一 TABIPPO / 創業メンバー・マーケター

1989年、福岡生まれ。2010年11月〜2011年6月まで210日間の世界一周の旅に出る。それが原体験となり旅を通してグローバルな人材を育成していきたいという想いでTABIPPOに従事。 2014年にはITベンチャー企業に就職するも、1年後にはTABIPPO創業期にジョイン。共同創業メンバーとしてマーケティング事業の立ち上げ等を行う。

frideberg06

 

本場のドイツのローカル料理も頂きました

フロイデンベルクには1泊しかしない予定でしたので、この日の夜は美味しいドイツのローカル料理を食べるために静けさが漂うフロイデンベルクの街を歩いていてふと見つけたレストランでドイツ料理を食べることに。
frideberg09

ただこのお店は、ドイツ語のメニューしかなくて仕方ないので、それっぽいものを注文して出てきたのがこちら!
frideberg07

ソーセージを潰したようなものとマッシュポテトの盛り合わせ的なものでしたが、これがビールにも合うし、もうめちゃくちゃ美味しかったです。
frideberg08

 

人生で一度は行きたい場所

germany02

僕はこれまで40ヶ国弱旅してきましたが、このような街に来たのは初めてでした。モノトーンな街はもちろんのこと、夜は月に照らされた街が神秘的で、他のヨーロッパの国々しいてはドイツ内でも珍しい光景を楽しめることができるので、ぜひとも一度は訪れてほしい場所の1つです!

 

映像で見る!
西ドイツ ライン・ルール地方を巡る!バックパッカーの旅

 

続いての街ドルトムントへ訪れた理由はもちろんこの人・・・

germany04
もっとこの街でゆっくりしていきたかったのですが、先の予定もあったので、翌日にはもうフロイデンベルクを発ち、そのまま向かった先は「ドルトムント」。言わなくてもお分かりになるかと思いますが、あえてここは言わせてもらいます!(笑)。

この街はブンデスリーガの強豪チームでありサッカー日本代表の香川真司選手が所属するボルシア・ドルトムントのホームタウン。「第1話 人生の転機となった国ドイツで再び夢を叶える旅」へから触れていますが、サッカー好きの僕としてはこの日をどれだけ待ち望んだことか。

もちろん実際にスタジアムでブンデスリーガの試合を観戦してきたのでその模様を次回お届けしたいと思います。

 

<< 第3話へ:ケルンの世界遺産「ケルン大聖堂」の迫力が凄すぎる…

>> 第5話へ:第5話 【サッカー好きには堪らない!】ドルトムントはやっぱりサッカー愛に溢れた街だった…

ライター
篠原 輝一 TABIPPO / 創業メンバー・マーケター

1989年、福岡生まれ。2010年11月〜2011年6月まで210日間の世界一周の旅に出る。それが原体験となり旅を通してグローバルな人材を育成していきたいという想いでTABIPPOに従事。 2014年にはITベンチャー企業に就職するも、1年後にはTABIPPO創業期にジョイン。共同創業メンバーとしてマーケティング事業の立ち上げ等を行う。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング