ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

成田空港はどうなるの?

photo by pixta

一方、日本で最も国際線の便が多い成田空港はどうなるのでしょうか。今後、成田空港はLCC(格安航空会社)に力を入れることが予想されます。9月5日からはLCCが利用する第三ターミナルの増築枠の使用がはじまりました。もともと、第三ターミナルは混雑していたので、今回の増築により混雑の緩和が期待されています。

さらに今年度末をめどに、受託手荷物の検査に使われるX線検査と手荷物搬送システムを一体化した「インラインスクリーニングシステム」を導入するとのこと。ますます第三ターミナルが便利になります。

photo by unsplash

航空便では11月20日にエアアジアXが成田~クアラルンプール線を新設。2020年にはJAL傘下のLCC、LCCジップエア・トーキョーが成田~バンコク線を新設する予定です。

このように羽田空港と成田空港は互いに利用客を奪い合うのではなく、棲み分けという方向に向かっていくのでしょう。いずれにせよ、便利になることは歓迎したいですね。

2020年は日本の空が大きく変わる年

2020年は羽田空港、成田空港のみならず関西空港でも航空便の新設があります。何となく日本の空が大きく変わりそうな予感がしますね。航空便が新設されるタイミングで行ったことのない国、地域へ出かけてみませんか。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング