ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

キホロ ベイ展望台

photo by Takeo Kubota

コハラ コーストのドライブの途中に立ち寄りたいビューポイント。ハワイ島の溶岩台地の先にキホロ ベイを見渡せる。海の彼方に見えるのは、マウイ島のハレアカラだ。

駐車場の石垣に腰掛けてこの景色を見ていると、時間の流れがゆるやかになっていくような気分に。このあたりには野生のヤギやロバが生息してるので、海を眺めているうちに出会えるかもしれない。

■詳細情報
・名称:キホロ ベイ展望台
・住所:Kiholo Bay Scenic Overlook
・アクセス:コナから車で40分

 

コナの海

photo by John A. Anderson/Shutterstock.com

ハワイ島の西側、コナの海。シュノーケリングをすれば、さんご礁の間をスイスイと泳ぐ魚の多さに驚かされる。色鮮やかな魚が目の前を通り過ぎていく。もちろん海の透明度も抜群。海の中の視界も良好だ。

ベストスポットに行きたい場合は、ダイビングやシュノーケリングツアーに参加するのがベター。運が良ければ野生のイルカにも出会えるかも!?

■詳細情報
・名称:コナの海
・アクセス:コナツアーは主要ホテルから送迎あり

 

ホノコハウ ハーバー

photo by Rintaro Kaneko

コナ空港とカイルア コナの町の間に位置する静かな港。250隻を超える小型クルーザーが整列し、ダイビングや冬にはホエールウォッチングなどに出かける船がここから出航する。

海に出なくても港で釣りに興じる人々も多く、日本では見かけないトロピカルなカラーの魚を釣ることができる。時にはウミガメが現れたり、マグロが釣れることも。

■詳細情報
・名称:ホノコハウ ハーバー
・住所:Kealakehe Parkway Kailua Kona
・アクセス:コナから車で10分

 

まとめ

いかがでしたか?南国などのリゾート地ではビーチばかりに目がいってしまいがちですが、勢い溢れる波しぶきを感じられる絶壁や、夕日が美しい港など、海を感じられるスポットもロマンチックでおすすめですよ。

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング