writer
松永 隆之 ビデオグラファー/世界一周経験者

法政大学在学中、2010年から2011年にかけて22カ国を放浪し世界一周。帰国後、TABIPPOにメンバーとしてジョイン。現在は映像ディレクターとして企画から撮影、編集までを手掛ける。

もうなんなんだ、こいつはーーーっ!!!!!

まさに地獄絵図とはこのこと!

 

この地獄寺ってなんなの?

この地獄寺ってなんなの?

そう、まさにここまで来ると聞きたいであろう。「何で、こんな気味悪いものつくってるの?」

実はタイでは幼いころに子どもを地獄寺へ連れて行き、窃盗や不貞などの悪い行いすると地獄に行ってしまうということを地獄寺で教えるという風習があるそうです。当然この地獄寺を見た子どもは恐怖を覚え、悪い行いをしなくなるのだとか。

実に説得力がありますね。泣き叫ぶ子どもが続出で大変な気もしますが。

 

ワットパイロンウア以外にもある「地獄寺」

ワットパイロンウア以外にもある「地獄寺」

「地獄寺」ですが実は、タイ以外の東南アジアの国にもいくつか存在します。「ワット・バイローンウア寺」はその地獄寺の中でも最大級の規模感を誇ります。地獄を知るためには一番のようです。

 

気になったので実際に行って映像を撮ってきました!


いかがだったでしょうか。昼に訪れてこの怖さということは間違っても夜には来ては行けない場所ですね。地獄寺はバンコクからのアクセスが消して良いわけではないですが、地獄寺近辺はテーマパーク化されていたり、近所に住むタイ人の生活垣間見えるくらいの田舎にあるのでそこが何より良いポイントだと思います。ご飯も現地プライスなのでとても安く食べれます。

タイを訪れた際には、是非訪れてみてはいかがでしょうか

writer
松永 隆之 ビデオグラファー/世界一周経験者

法政大学在学中、2010年から2011年にかけて22カ国を放浪し世界一周。帰国後、TABIPPOにメンバーとしてジョイン。現在は映像ディレクターとして企画から撮影、編集までを手掛ける。

RELATED

関連記事