ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

知られざるスロバキアの古城めぐり

Photo by Nitta Hiroshi

ヨーロッパの城が好きな旅人はスロバキアを訪れましょう。スロバキアには日本には知られていない数多くの城があります。

最初に紹介するのはブラチスラバから近郊バスでアクセスできるデヴィーン城です。デヴィーン城は廃墟になっていますが、独特の雰囲気が感じられるお城。私は冬に訪れましたが、周りには誰もいなく、城を独り占めできました。

Photo by Nitta Hiroshi

デヴィーン城の横にはドナウ川が流れており、向こう岸はオーストリアです。今はこのようにのどなか風景が広がっていますが、冷戦期は東西陣営の境でもありました。きっと、当時は物々しい雰囲気だったのでしょう。

Photo by Nitta Hiroshi

本格的なお城を見たい旅人はぜひチェルベニーカメン城へ。この城は13世紀に建てられ、16世紀に改装された歴史を持ちます。とても規模が大きく、城の全体をカメラに収めるのは難しいと思います。

Photo by Nitta Hiroshi

チェルベニーカメン城を見学するには75分のツアーに参加しなければなりません。外見は地味ですが、内装はなかなかユニーク。迫力満点のドラゴンの調度品や天井が立体的なホール、映画撮影にも使われたワイン地下室が見どころです。

チェルベニーカメン城の唯一の欠点はアクセスが悪いこと。ブラチスラバからですと鉄道でシェンクヴィツェ(Šenkvice)まで行き、そこからタクシーを利用するしかありません。

このようにスロバキアにはガイドブックには載っていない名城が多いですが、どこもアクセスがよくありません。とても面倒ですが、到着したときの達成感は半端ではありませんよ。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング