その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

恐怖の館(ブダペスト)

Yuri Tさん(@yuriyuriyuriri0501)がシェアした投稿


お化け屋敷のような名前ですと、れっきとした歴史博物館です。恐怖の館は第二次世界大戦時のファシスト体制と戦後の共産主義体制の恐怖にスポットを当てています。

■詳細情報
・名称:恐怖の館
・住所:Budapest, Andrássy út 60, 1062
・アクセス:最寄りは地下鉄oktogo駅n
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+36 1 374 2600
・料金:2000フォリント
・所要時間:90分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.terrorhaza.hu/hu

ハンガリーは約30年前まで共産主義体制でした。そのため、館内の展示品を見てもリアルに感じられます。展示物が充実しており、人気の博物館です。

 

地下鉄博物館(ブダペスト)

PA201353-1-e1485658214502

Photo by:新田浩之

ブダペストはユーラシア大陸で初めて(世界では2番目)地下鉄が走った都市なのです。地下鉄博物館は開業時から今日までの、地下鉄の歴史を詳しく紹介しています。

■詳細情報
・名称:地下鉄博物館
・住所:Budapest, Deák Utca, Deák tér, metro station, Deák Ferenc tér, 1039
・アクセス:Deák Ferenc tér駅下車
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+36 1 461 6500
・料金:300フォリント
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://visitbudapest.travel/arts-entertainment/budapest-museums/underground-museum

ちなみに、現在でもユーラシア発の地下鉄線(1号線)は現役で活躍中。レトロな装いで、雰囲気が少しだけ東京の銀座線に似ています。

 

シナゴーグ(ブダペスト)

@makimesserが投稿した写真 – 2016 12月 8 1:48午前 PST


第二次世界大戦前まで、ブダペストには多くのユダヤ人が居住していました。その時の歴史が垣間見られるのがシナゴーグです。このシナゴーグは1859年に完成したもので、なかなかの大きさです。

なお、ブダペストには美味しいユダヤレストランもあります。ブダペストでユダヤ文化を味わうのもいいでしょう。

■詳細情報
・名称:シナゴーグ
・住所:Budapest, Dohány u. 2, 1074
・アクセス:最寄駅は地下鉄Astoria駅
・営業時間:3月~10月:10:00~17:30(金曜日は16:30まで)、11月~2月:10:00~14:30(金曜日は12:30まで)
・定休日:土曜日
・電話番号:+36 1 343 0420
・料金:3700フォリント
・所要時間:1時間30分
・オススメの時期:いつでも

 

彫像公園(ブダペスト)


鉄道好きの某モデルが訪れた場所が彫像公園です。この彫像公園には共産主義時代に建てられたディープな巨大な銅像が立ち並んでいます。また、ユニークな共産主義グッズも販売されているので、気になる方は訪れてみましょう。

■詳細情報
・名称:彫像公園
・住所:XXll. Balatoni ut, Szabadkai u. Budapest 1223
・アクセス:Újbuda-központ駅からバス150系統に乗り、Memento Park下車
・営業時間:10:00~日没
・定休日:無休
・電話番号:424-7500
・料金:1500フォリント
・所要時間:1時間
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.mementopark.hu

 

リスト音楽院(ブダペスト)


リスト音楽院はハンガリーを代表する音楽学校です。そこには、大ホールがありコンサートが開催されています。2013年に大ホールの改修が行われ、さらに音響設備が良くなりました。

ハイレベルなコンサートにも関わらず、数千円で聞けますので、ぜひ、リスト音楽院まで足を運んでください。

■詳細情報
・名称:リスト音楽院
・住所:Budapest, Wesselényi u.52.,1074
・アクセス:地下鉄Blaha Lujza tér駅下車
・公式サイトURL:http://zeneakademia.hu/en/home

 

王宮(ブダペスト)

王宮(ブダペスト)
photo by shutterstock

ハンガリーの歴史は古く、ハプスブルク帝国時代もオーストリアとは対等の関係にありました。それを象徴するのが王宮です。王宮は何度も戦争で被災したので、建物自体は古くありません。それでも、堂々とした威厳のある建物なのでお見逃しなく。

■詳細情報
・名称:王宮
・住所: Budapest, Szent György tér 2,1014
・アクセス:デアーク広場から16系統のバスに乗車
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www2.budavar.hu/index.php?menu=136

 

中央市場(ブダペスト)

中央市場(ブダペスト)

photo by shutterstock

ハンガリーはパプリカを使ったグヤーシュなど独特の食文化を持つ国としても知られています。食材の豊富さを実感できるスポットが中央市場です。中央市場ではフォアグラを探してみましょう。ハンガリーはフォアグラの生産量、消費量世界一の国です。安価でフォアグラが楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:中央市場
・住所: Budapest, Vámház krt.1-3,1093
・アクセス:最寄駅はFővám tér駅
・営業時間:月曜日:6:00~17:00、火曜日~金曜日:6:00~18:00、土曜日:6:00~18:00
・定休日:日曜日
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.piaconline.hu/new/index.php

 

民族博物館(ブダペスト)

民族博物館(ブダペスト)

photo by shutterstock

第一次世界大戦前まで、ハンガリーは現在のスロバキア、ルーマニア、クロアチアの一部を要する巨大な王国でした。そのような多民族国家ハンガリーを学べるのが民族博物館です。

民族博物館の建物は国会議事堂にもヒケを取らない豪華な装飾が自慢。民族衣装や家具の展示が充実しており、コレクション数は約20万点にもなります。

■詳細情報
・名称:民族博物館
・住所: Budapest,Kossuth Lajos tér 12,1055
・アクセス:最寄駅は地下鉄Kossuth Lajos tér駅
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:月曜日、12月24日、30日、1月1日
・電話番号:473-2423
・料金:1400フォリント
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.neprajz.hu

 

センテンドレ


首都ブダペストから電車(HEV)で約40分、センテンドレに着きます。センテンドレはかわいい建物が特徴の美しい町。博物館や美術館などの文化施設も充実しています。

もともと、センテンドレはセルビア人を始めとする商人によって作られた町です。首都から1時間以内で、このようなかわいらしい町があるのも羨ましい話ですね。

■詳細情報
・名称:センテンドレ
・住所:Szentendre
・アクセス:バッチャー二広場駅からHEVで約40分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.hungary-tourist-guide.com/szentendre.html

 

コマーロム


現在のヨーロッパを象徴するような町を紹介しましょう。それが、スロバキア国境近くにあるコマーロムです。コマーロムには19世紀に建てられた要塞が残っています。そして、注目はハンガリー人が発明した「透けるコンクリート」です。実際に透けるかどうか試してみましょう。

なお、ドナウ川の対岸にはスロバキアのコマールノがあり、徒歩で行くことができます。ヨーロッパならではの国境越えをいえるでしょう。

■詳細情報
・名称:コマーロム
・住所:Komárom
・アクセス:ブダペスト東駅から鉄道で約70分
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://www.komarom.hu/index2.html

 

ニューヨークカフェ

Stefanさん(@skirof)がシェアした投稿 – 12月 9, 2017 at 10:42午前 PST

カフェ文化といえばオーストリアのウィーンが有名ですが、お隣の国・ハンガリーの首都、ブダペストも負けてはいません!ブダペストには、豪華絢爛、まるで美術館のようなニューヨークカフェが存在します。

食事やスイーツも充実していて、ランチや夕食でこちらのカフェを利用するのもおすすめです。

 

カフェジェルボー

Okyar Atillaさん(@okyaratilla)がシェアした投稿 – 12月 26, 2017 at 10:11午前 PST

1858年創業のジェルボーは、オーストリア=ハンガリー帝国の皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后・エリーザベトもお気に入りだった由緒正しいカフェです。ロココ調の天井とクラシカルで落ち着いたインテリアの中で、優雅なひとときをお過ごしください。

 

ルスヴルム・ツクラースダ

Xinyue Dingさん(@dxybhl)がシェアした投稿 – 1月 4, 2017 at 2:33午前 PST

ルスヴルム・ツクラースダは、1827年創業の老舗カフェです。ブダペストで最も古いカフェ兼洋菓子店で、名物は「クレーメシュ」というケーキです。5cmほどの正方形型で、極薄パイ生地の中に、同じく高さが5cmほどあるクリームをたっぷり挟んだもので、絶品と評判です。

 

ムーヴェース・カーヴェーハーズ

ハンガリーのアーティストや作家も足繁く通う、19世紀末から続く老舗カフェです。アンティーク調のインテリアが設置された店内は、華やかながら落ち着いた雰囲気があります。カフェメニューの他にも、お酒や軽い食事もあるので、気分に合わせて色々なメニューを楽しんでみてくださいね♪

 

ハンガリーで優雅に楽しむ休日

いかがでしたでしょうか?美しく歴史ある建造物や教会、自然豊かな村など、様々な魅力を持つハンガリー。首都ブダペストはもちろん、郊外の街まで足を伸ばしてみるのも楽しそうですね。

皆さんは、どの観光スポットがお気に入りですか?ハンガリーの旅が素敵なものになりますように!

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング